スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
9月13日 滝リサイタル(後編)


【9/13(昼) One!~the history of Tacky~】


※フジガヤと戸塚さん中心の超個人的観察録・其の弐


※2階A列上手寄り


+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + +



◆二幕冒頭◆


えび(オレンジ×迷彩ジャケ+白シャツ+黒ネクタイ+黒パンツ)


これまた随分とんでもコーディネートですね…(-_-;)


滝の周りで踊ったり、アクロして通過したりと場繋ぎ的な動きをするABC。



◆ラテン系曲:滝◆


闇のベールを纏った素肌はラビリンス~♪
見つめるだけで惑わせたい~♪
glowing glowing It´s a Heaven 解き放て~♪



◆Taste Me:滝◆


藤(黒インナー+黄色シャツ羽織+黒パンツ+黒帽子)

戸(黄色シャツ+黒ネクタイ+黒パンツ)



初っ端上手側階段上部にいるフジガヤが素敵すぎてもう何がなんだか。
黄色衣装纏ったあの子には滅法弱いのです気が触れそうになる…!



右手を顔の前で左から右に動かし
そのままその手を下に向けて下ろしていくサビの手振り、
手が小さく指の短いお子様っ手のフジガヤがやると
どっからどう見ても海中で蠢くイソギンチャクでしかなく(…)
どうにもこうにも満たされないから
ついついゴッドハンドの持ち主へと救いを求めてしまう私・・・未熟!
だけどこればかりはどうしようもない手担の性。




ところがどっこい肝心の救世主テクニシャン戸塚氏は私の期待を大幅に裏切り、
海中で揺れる海藻のような手付きを披露。
……ここまで見事に玉砕すると逆に気持ちがいいくらい★(ってんなわけあるか!)




戸塚さんがハンターの如く眼を鋭く光らせて
人差し指でカモンカモンなんて挑発してくるから
堪らず目の前の柵乗り越えてしまおうかと…(冗談でも止めなさい)



◆気まぐれJET:滝◆


えび藤(蛍光ピンクライン入りの蛍光黄緑上下・上着はフード付き)


両手で投げチューふわふわ飛ばしてた塚ちゃんと、
電車ごっこしながらウキャウキャはしゃぐオーバー18の姿しか
私の脳内DVDに記録されてないのは何故なんだ?



◆ベガス映像◆


戸(黒ベスト+黒インナー+黒パンツ)


バギーらしき乗り物に乗った滝(ひーくんダミー)の後ろをくっ付いて
舞台上を子供のようにはしゃぎながら駆け回るABCの面々。




そんな中、戸塚さんだけふと下手前で立ち止まり、
ベストの裾を持ち上げてファスナーを上げる動作を。
だがしかしなかなかファスナーが上がらない様子で
何度も何度も手を上げ下げしては首を傾げる戸塚さん。次第に焦りの色が…。
仕舞いには客席にお尻を向けたまま上体を屈め、
裾を思いっきり捲り上げてファスナーと格闘する始末!(爆)




戸塚さんがそんなこんなしてる間に舞台上は次の場面に進み、バギーが消え
マウンテンバイクに乗った滝が1階上手通路を通って舞台へと登場。




するととっさにベストから手を放して慌てた様子で滝の居る上手へと
体勢低くしてスタタターっとすっ飛んで行く戸塚さん…なんてコミカルな動き(笑)
結局ファスナーは上げられないままの戸塚さんなのでしたチャンチャン♪




マウンテンバイクに付いてるフォーンを滝がプップカプップカ鳴らしまくると
「どうもすいませんねー」と申し訳なさそうに近くのお客さんに向かって
ぺコぺコと頭を下げるABC。腰の低い四人がものそい可愛い~!




~ひかるちゃんが象に乗って登場~




「ぞうさんだあぁぁ~!」と叫びながら目をキラキラ輝かせて象に近付く塚ちゃん。
ナイスオーバーリアクション(笑)




~象さんと滝相撲対決で滝があっさり勝利を収める~




横倒しになったまま起き上がれない象さんに駆け寄り、
「ぞおさぁ~~ん!」と悲痛な声を出しながら心配そうに象さんを見つめ、
痛んだ身体を擦ってあげる戸塚さん。ナイス小芝居(笑)




象さんの身体をポンポン叩きながらその健闘っぷりを称える郁人さん。
「ぞうさんよく頑張った!ぞうさん立てるかなぁ?」
教育テレビのお兄さん口調になってるふーちゃんに淡いトキメキ☆



◆MAGIC◆


藤(襟がシルバーの神父さん風黒衣装+黒インナー+黒パンツ)


テーブルマジック・ルービックキューブ・カードマジック・イリュージョンの流れ。


BGMに演舞城二幕ラストのインスト使っている為、脳内に遮那王現る…。



巷で萌え萌えだと評判のドンペリくんのエスコートよりも、
小道具準備と片付けを黙々と熟す塚ちゃんの甲斐甲斐しさに胸キュン★
そんな塚ちゃんに尽くされたい!




ドンペリくんのエスコートは…すいません私的には全く萌えませんでした。
だってだってあの子の良さがちっとも出せてないんだもの!(嘆)
てことで偉そうにグダグダとダメ出し↓





まず妙に落ち着いた素振りでアダルティな雰囲気を醸し出そうとしてる所に減点1。





マジック成功→皆拍手→(三拍おいてから)フジガヤ拍手。
こういう時いつも真っ先に拍手してリアクション取る子のくせに
舞台上で変に気取らず思うまま素直に感情表現出来る所が魅力でもあると言うのに
その微妙な三拍の間は一体ナンナンデスカネ?




しかも拍手の仕方がいつもと違う、手の合わせ方が全然ちがーうときたもんだ。
チンパンジーの子みたく手をビタンビターン叩き鳴らしてこそフジガヤなのに
何その明らかに社交辞令な拍手は?
あのねぇそういうトコは大人にならなくていいんだよー。
まるで別人のような可愛げない振舞いにお姉さん正直ガッカリ凹





そして更に、相手を気遣わないおざなりエスコートに不満ブーブーで減点2。





予め決められた段取りがあるからサクサク進行せにゃいかんのは分かるけど、
なんかこう全てが流れ作業になってる感じに見え…てゆか、
高めのヒール履いてるおなごをお連れする時は歩幅を合わせてあげなさいよ!




そして舞台上に招いた方を送り届ける事が任務の内に入ってないのなら、
せめて階段下で跪いてお見送りぐらいの気の利いた自己演出しなさいよ!
んーもーそんなんじゃドンペリの名が泣くよ、まったくー!
(ってそもそもそんなホスト万歳なコーナーでは無い筈ですが)




本当はもっと出来る子なのになんて勿体無い!
と言う担当馬鹿丸出しの不満でしかないのは分かってるけど、なんだかなぁ~。




◆クリスマスパーティー◆


藤(襟に白ライン入りの薄茶のアウター+黒インナー+黒パンツ)


滝宅でクリスマスパーティーをしている設定。
それぞれ紙コップやペットボトルを手に、
「クリスマスパーティーにジュニア招待するなんてやっぱタッキー凄いよ」と感心。



「クリスマスターキーいっぱいいったタッキーまーす♪」と郁人さんが言うと
すかさず滝が、「何言ってんだよ。今日は割りカンだよ!」
即座に「ケチケチ!」と滝に向かってピーチクパーチク喚く子供達(笑)




そんな中「 け ち ん ぼ 」とボソっと呟く声が何処からか…。




あまりにかわいこちゃんな言い方に思わずMちゃんと顔見合わせちゃったんだけど
誰が言ったんだか定かじゃないのが悔しい~!
ふーちゃんと五関さんとフジガヤと横尾さんがケチケチ言ってたのは
聞き取れたからそれ以外なんだけど誰だろう気になる~う゛~(唸)




「誰か面白い事言えないのかよー」と滝がジュニアの面々を見渡すと
五関さんがシュタッと挙手して前へ出て来て、腕組みして上手方向見ながら
「いつか登ってみてぇな~タッキー山脈!」




……客席ほぼ無反応だった為、五関さん遠い目




いや違うのあのね、五関さんの場合は面白いかどうかの次元じゃなくて
なんかほら発言に妙な説得力があるから納得させられちゃうって言うか何て言うか
…って全然フォローにもなってなくてすいません(黙)




五関さんがガックリと肩を落としながらトボトボ定位置へと戻ると、
フジガヤが勢い良くセンターど真ん中に出、紙コップ持った右手を高々と上げて





「しょくのく…あっヤバッ!噛んだ…!」





焦りながら一目散にハウスなフジガヤ。…おま逃げんの早っ!(爆)




台詞を噛んだ事と足早に去ったフジガヤの滑稽さが普通にウケて
場がほっこり和んだのをいい事に、今ならイケル!とばかりに
「行け、イッちゃえ!」とフジガヤを嗾けるオーバー18(@無責任)
…コイツラ絶対面白がってる(笑)




そうして周囲に上手く乗せられてしまい、再度センターへと立つフジガヤ。
意を決して・・・・・・・・・





「食欲のタキ!」





秋の訪れを感じる日比谷が一瞬にして極寒の地へとワープ★





まぁ今は笑いの打率低迷中だし、
ましてや公の場で笑いを取る事に臆病になってる子だからね、
んーまーこんなモンでしょ上出来上出来。
周りに乗せられた感アリアリだったけど、遣り切った事に意義がある!(前向き)




そこへまるで何事も無かったかの様にすっと前へ出て来た戸塚さん。
真顔でサラリと、「タキーンコーンカーンコーン♪」




戸塚さん特有のシュールさが可笑しくて可笑しくて腹抱!(笑)




それなりに客席の笑いが取れた事に安心したのか、ふにゃーっと顔が緩んで
ほにゃらか笑顔を覗かせる戸塚さんがあり得ない可愛さで
心身共にホクホク癒されました最高のリラクゼーション☆




右手をグーにしてマイクに見立ててリズム刻みながら
「どんなときも~どんなときも~♪どうもーマッキーでぇ~す☆(100万ドルの笑顔)」





塚ちゃんマジボケ天然炸裂に 会 場 爆 笑 !(笑)





即行皆に「まんまじゃん!なんも掛かってないじゃん!」と突っ込まれるも
間違いに全然気付いてない様子で「え?え?何が?」と首を傾げる塚ちゃん(笑)




そうして笑いのハードルが徐々に上がる中、フリーズの達人・河合郁人登場~。
ちまっとその場にしゃがみ込んで両手を胸の前辺りに出して、
「あったけぇ~、タキ火(正面向いてキリッとマジ顔)」





秋の訪れを感じる日比谷が一瞬にして極寒の地へとワープ★(二度目)





彼方此方から「さみー!つまんねー!」と猛烈非難食らい即座に
「そうだよ。俺こういうキャラだもん!」と開き直る郁人さん。
ツンとした表情でどうってことないってへっちゃらぶっても
内心ズタボロでかなりの痛手負ってるくせにー強がっちゃってー!
とふーちゃんの頬を人差し指で突付いてやりたい衝動に駆られウズウズ★




ABCと帝王でツリーを片付けながら「ワン・ツ~・ツリ~!」の掛け声。
その声と共に弾ける笑顔が眩しすぎてお姉さん目が開けられません…。




◆epilogue:滝◆


間奏明けの「I´ll be there for you~」を聞くと
無性に後ろを振り向きたくなる私は立派な演舞厨★



てゆか特効さん張り切りすぎ!この時ばかりは2階で良かったと思いました(苦笑)



◆キ・セ・キ:滝◆


藤(白インナーの下に黒インナー+裾に切り込み入った丈長の青ジャケ+白パンツ)


戸(青×白模様ジャケ+白インナー+金装飾付き白パンツ+腰に青布ヒラリ)



戸塚さんジャケのファスナー下だけ閉め(@はむたん仕様)
マジックの時もベストをこう着たかったんだろうねきっと。



キセキは戸塚さん以外見れない見たくないとか今まで散々言ってたくせに
実は某前髪ウザっこい子に釘付けでひたすら凝視だったなんてそんな(モゴモゴ)




だだだだだだってあの人とんでもなく格好良くてカガヤイテタンダモン!(逃)




◆孤独のRUNAWAY:A.B.C.◆


スクリーンにA.B.C.の文字が縦にズラリと。


「零れた汗を拭って~」おでこを右手で拭ってその手を外側に向け二回払う振りで
ピッピッピッピッと中速で四回も手を払う戸塚さん…。
完璧キメ顔して軽く奇行に走るそのギャプも戸塚さんの魅力★




◆祈り:Kis-My-Ft 2◆


藤(赤と金の模様入り黒ジャケ+黒パンツ)


スクリーンにKis-My-Ft 2の文字が反時計回りにグルグルと。




フジガヤのラストの決めポが目潰しにしか見えないんだがどうしたら(…)




◆愛想曲◆


自力で発光出来る内はそんな電飾衣装着なくてもいいと思うよ、ねぇ滝(苦笑)


後奏に入った瞬間、脳内演舞パラダイスに陥って
「I want its love~」とDiamondのイントロが流れ出し、
条件反射で後ろを振り向いた私は正真正銘ダイオード戸塚狂信者★(身内ネタ)




◆Venus◆


藤(ユニ曲衣装のまま)

戸(黒ジャケ+赤シャツ+黒パンツ)


「光と影の誘惑~」の「ゆう~わく~」部分での手振り、
親指と人差し指くっ付けて○作って残りの指三本立たせる所で
張り切って指三本(人差し指・中指・薬指)を立てて、そのまま立て直せず
結局その部分のスリーポーズを全て指三本立てで済ませちゃう戸塚さん。





あーたそれ演舞城でも散々間違えてたわよね・・・もしやわざと?(疑いの目)




振り間違いしてるのを裕翔に気付かれ思いっきり笑われる戸塚さん。
そのまま裕翔に向けてヘン顔したり、腕を指でツンツンしたりと
ちょっかい出しまくって二人の世界全開で仲良くウキャウキャしっぱなし。
…どっちが子供なんだか(笑)




ビーナスと言ったらしゃしゃり上手な塚ちゃんオンステージでしょう~!と
塚ちゃんに目をやるも、当の本人普通に大人しくビーナスバーンで
やや物足りなさを感じていたら、ら、ら・・・
「放て~」になった途端、手をグリングリンさせて頭をグルングルン回し始め
塚 田 リ サ イ タ ル 開 催 !(爆)




テンションの針振り切ってしまったツカダクンがそこから先は
見事に壊れっぱなしだったのは言うまでもなく…。




◆Ho!サマー◆


ホッサマーする手を耳の横に持って来て
お電話リンリンしちゃってる塚ちゃんがもう可愛くって可笑しくって(笑)
そのまま掻っ攫いたい衝動に(略)
塚ちゃーん!美味しい物たんまりご馳走したげるからお姉さんトコおいでおいでー
(破産覚悟で手招きクイクイ)




ビーナスでもそうだったんだけど、
目クリンっとかわいこちゃんぶってホッサマーポーズ決めてるんだが
イマイチはっちゃけてない感じのフジガヤ。
周りと絡んだりもしてないから笑顔もほとんど無く…
省エネダンスなわけじゃ全然ないんだけど、なんだか淡々としてる様に見えたかな。
目の前で塚ちゃんが破壊的な動きをして見せてるんだから城の時みたく
フジガヤも便乗して弾けちゃえばいいのになぁ…と心の中で呟きつつ。




◆出演者紹介◆


ホッサマー終わりに一端ハケてローラー履いて再度登場するフジガヤ。


BGMはホッサマーインスト。
曲に合わせて、大股開きで体勢低くして目を瞑りヘドバンする塚ちゃん。
頭を左右に三回激しくブンブン→上下に三回激しくブンブンをひたすら繰り返し。
いくら三半規管鍛えられてるからって流石にそれは酸欠になるだろ的な
ヘドバンに挑むツカダ少年にハラハラドキドキ目が離せん!




他出演者が一礼してる間、舞台後方で待機してるABC。
城での出演者紹介時にやっていた【チャ・チャチャチャの手拍子】
(分かる人には分かる筈!)
を五河戸の三人がやっていて(※ツカダ少年はヘドバンに夢中でそれどころでは無い)
Mちゃんと一緒に「おお~やってるやってる~!」と妙に感激して私達も真似っこ♪




◆道◆


藤(ジャケットの左胸に赤コサージュ付きの白スーツ+黒シャツ)



キス2の面子と一緒に登場せず、
帝王・ひかる・バイオリンくんと一括りにされた状態で出て来るフジガヤの不思議。




左胸に手を触れさせ、
その上にグーにしたもう片方の手をコツンと軽く当てさせる振りの所で
フジガヤを見ていたら急に胸に込み上げるモノを感じ…
その得体の知れない感情に胸を支配される事に戸惑いを覚えた2006秋。

スポンサーサイト
【2006/09/17 23:59】 | 舞台 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<加速するスピードは熱をあげて止まらない | ホーム | 9月13日 滝リサイタル(前編)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://totsugaya1125.blog41.fc2.com/tb.php/85-9ebc65f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Maybe Blue


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

しほ

Author:しほ
某前髪ウザっこい彼と
その彼を囲む愉快な面々が
愛しくて仕方ない社会人
まったり更新中

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Blog Pet

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。