スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
PLAYZONE 2006 【Change】


※ABC中心の個人的観察録。いつもの如く無駄に長いです。

※7月18日(昼)1階I列センター・(夜)1階M列上手



+ + + + + + + + + + + + + + + + + + +



【一幕】

【公園】

・郁(オレンジノースリ+迷彩パンツ+左肘に白布巻き)
・五(迷彩柄T+赤の七分丈パンツ+腰に黒キャップぶら下げ)
・塚(柄T+黄色パンツ+白キャップの鍔を上げて被る)
・戸(赤い英字がプリントされたグレーT+カーキ色迷彩パンツ)


・(昼)塚ちゃんから始まるPZ2006。
 上手から登場し、舞台真ん中で足を肩幅に開きデーンと立ち、
 腕を胸の前で組んで得意気な表情を浮かべる塚ちゃん。
 その後ろにローラーブレードを履いた五郁、
 サッカーボールを蹴ったり、キックボードやスケボーに乗ったMADが登場。


 その間血眼になって行方不明者捜索に走る私。しばし現実に打ち拉がれる(…)


・(夜)戸塚さんから始まるPZ2006。
 下手から走って来て舞台中央前で両腕広げ「さあ始まるよ♪」的な笑みを零す戸塚さん。


 ああもうその笑顔をどれだけ待っていた事か。
 戸塚さんの笑顔を目にした瞬間、それまでのモヤモヤなんて一気に吹き飛んで。
 自分の中だけでは到底処理出来ない興奮や溢れ出そうな想いを
 Mちゃん(@若旦那ラバー)の腕をギューッと掴んでビシバシする事で堪える(大迷惑)
 演舞城からずっとMちゃん引っ叩いてばかりだね…傷ものにしてゴメンよー(苦笑)



・戸塚さんはダンサーさんの手を取り向かい合ってキャッキャしながら一旦上手にハケ。
 目がなくなっちゃうくらいに顔クシャーってして笑う戸塚さんの姿に心はほっこり。
 そうかいそんなに楽しいかい♪



・それと入れ違いにブレード履いた五郁が登場し、上手前でお手手繋いだままクルクルと。
 五関さんは見事に腰が引けていて郁人さんの手に必死に掴まってる感じ(笑)
 なので回ってると言っても五関さんの意志で動いてるのでは無く、
 郁人さんが動く反動で回らされてるという…。珍しく攻守逆転!(笑)
 意のままに五関さんを操れて嬉しそうな郁人さんが可愛い♪



 ところでブレードに挑戦するに辺り、
 某Fクンにアドバイス貰ったりしちゃったりはないんでしょうかね?



◆You&Me&Who?(A.B.C.&M.A.D.)◆


・ダンサーさんと背中合わせになり、
 顔を互いの方に振り向かせ視線絡ませる郁人さんがどうにもな件(…)



・(夜)身体の横で腕を曲げて掌を上に向け、足を大きく開いて腰を落とし
 天秤のような形になって首を左右にカクカクと動かす民族舞踊的な振りや、
 横にした人差し指を唇に当てたり…。戸塚さんに合う振りの連続でウハウハ。



・ABC、MAD、ダンサーさんで横一列に並んで肩を組み、
 ラインダンス的足上げを一斉にする所での戸塚さんは足上げというより…蹴り?
 きっと他人には見えないサッカーボールが戸塚さんの足元に置いてあったんだよ★



・ひたすら双眼鏡でターゲットロックオンな私。
 そしたらターゲットと双眼鏡越しに目が合って、うわーおって
 ドキドキ胸の鼓動を高ぶらせてたらそのまま立ち位置真正面ドンピシャ来ちゃって
 




 「You&Me&Who?」の「You」でキリッと凛々しい表情で指差しドーン!みたいな。
 左手人差し指を真っ直ぐではなく傾斜の分クイッと指先反らせてドーン!みたいな。
 それってもしかしてもしかしてってゆかもしかしなくてもワタシですか?みたいな。


 


 ハイハイ自称自称勘違い思い違いと嘲笑ってくれて結構。
 誰がなんと言おうとあの瞬間は戸塚さんとワタシの2人の夜だった!
 (昼間受けた傷が深すぎたんだねと大目に見てやって下さい)




【錦織さん登場】

・公園で屯す少年達?(ABC、MAD)の前に錦織さん登場。
 錦織さんの台詞や合間に入る「カシャッ」という効果音によって
 少年達は動きを止めてその場でストップ。


・客席に背を向けたまま立ち止まる郁人さん。息する度に上下する肩が堪らなく色っぽい。
 小柄で華奢な外見と生身の♂を感じさせるそのギャップに悶えずにはいられないわけで。
 (思いっきり余談:演舞で桟敷席側花道横だった時も
 忠臣蔵で花道登場した郁人さんの肩と背中の動きに散々悶えてました御免なさい)


・(夜)ただ俯いてるだけだと言うのに
 戸塚さんの背中はどうしてあんなにも哀愁が漂っているのだろう。


【アツ兄、赤坂さん登場】

・えび(作業服のようなグレーの上下)

・(昼)アツ兄登場時、下手袖から塚→五→河の順で出て来てバク転。
 そこへ幸武合流し、赤坂さんを囲みながら妖しく蠢く。
 郁人さんの手から呪詛があぁぁ…!


・(夜)下手袖から塚→五→戸→河の順でバク転。しっくり来たー!
 膝から崩れ落ちながら仰け反り、
 しなやかに手をクネらせる戸塚さんの艶めかしさに乾杯いや完敗(崩)


・上手袖にハケる際、軽く握った手を腰に当てたまま小走りする戸塚さん。
 演舞城の名残ですか?(笑) 



【水族館】

・(夜)舞台後方のスクリーンに映し出された水槽に見入るABC。
 下手から戸・五・河・塚の並び。


 中腰になって水槽にビタッと両手を張り付かせて
 下から覗き込む様に中を見る塚ちゃん。…こういう子供いるいる(笑)



◆別れて行く3人(隊様)◆


・隊様の前にうつ伏せになって寝転がり、隊様の足にしがみ付くMADの面々。
 リズムに乗って足を交互に上げる隊様の動きに合わせてエビ反ったり
 正座したまま股を開いた姿勢で上半身を前に倒す→起こす→仰け反る、
 その流れを繰り返したり…
 インパクトある振りと覚え易いメロディーとが繰り返されるせいか、
 全体像を一番しっかり記憶してるのはこの曲かも。


・手を繋ぎ三角形のフォーメーションになった隊様の中にMADが入り込み、
 内側から隊様の腕を振り解く様に払い除ける時の福ちゃんのふてぶてしい形相がナイス◎



◆悪魔の唄(赤坂)◆

・えび(カーキ色七分袖シャツ+黒ボトムス)

・赤坂さん(@狂気にとり憑かれた研究者)が乗った階段状のセットを押しながら出て来、
 セット配置完了後に前に回って各自ポジションにつくABC(@研究の為の実験体)
 昼は下手から五河塚、一定の間隔を置いて並ぶ。            
 
・赤坂さんが歌っている間、
 五関さんと塚ちゃんが手にしたサンプル(赤い液体の入った容器)を掲げる。


・夜は下手から五戸河塚、一定の間隔を置いて並ぶ。
 五戸・塚河に分かれ二人で一つのサンプルを持ち掲げる。


 サンプル掲げた時の五関さんと戸塚さんの腕の長さを見比べ、
 やっぱり戸塚さんは肘から指先までの長さが人より長いわ~とウットリ(手担の性)


・赤坂さんにサンプルを手渡し、階段を上がる戸塚田(昼は五塚)
 実験体である四人…いや四体?はひたすら無表情。
 黒目が占める割合が高い瞳を持つ五関さんを見ていると
 漆黒の闇へと引きずり込まれそうでなんとも恐ろしか(震)


◆自分で選んだ明日をゆく(東山ver.)◆


 (昼のフォーメーション)


   郁
     東
   五  塚


・戸塚さんが入る場所だけがポツンと空いたままで。
 この曲の間はただもう切なくて胸をきゅーっと締め付ける想いと闘ってました。



 (夜のフォーメーション)



   郁   戸
     東
   五  塚



・いつもと何ひとつ変わらない形状が存在すべき場所にあるという事が
 どんなに素晴らしい事なのかを知り、ただ感動。


・組んだ両手を顔から頭へとグルリ回しながら視線を外して
 効果的な焦らしを寄越してくる姿だったり、反らした上半身のしなやかさだったり…


 戸塚さんが踊る姿を見てるだけで
 昼間胸にぽっかり空いた穴がどんどんどんどん埋められていって。
 その心地良さに酔いながら、あーやっぱり私を満たしてくれるのはこの人の踊りだって
 足りなかったのはこれだって、そんな事分かりきってたけど、再確認。



◆自分で選んだ明日をゆく(錦織ver.)◆

・MAD(黒の半袖シャツ+赤ネクタイ+赤ボトムス)

・身長があってスタイル抜群の人が多いMADにはジャズ調の曲がよく似合う♪
 気持ち良いくらいに手足がしっかり伸びて動きがスマートだなぁと。


 ボトムのポケットに手を突っ込んで決め顔してるコッシーと幸太朗さんは
 絵になり過ぎててズルイです(笑)



◆眠れぬ夜(東山)◆


・ABC、MAD(グレーシャツ+濃いグレーボトムス)
・木製の椅子を使用してのパフォーマンス。


・(昼)椅子を片手に出て来て早々、
 波止場で佇む旅人風に椅子に片足掛けてヒガシさんを見つめる郁人さん。
 そのカッコつけマンっぷりが愛おしくて堪らない!(笑←でも笑う)



・椅子の背もたれ側を身体の前に来る様にしてから一列に並べて各自その上に跨り、
 下手のヒガシさんからドミノ倒しの様に前へ上体を倒していったり
 (上手から河戸福加辰越塚五武松東の並び)
 背もたれと腰掛け部分に手を掛けた状態でそのまま倒立(八分目)したり
 背もたれの角に腹部を付けバランス取ったり…


 演舞城のゴンドラプレイで戸塚田がやってた様な
 消防の出初め式風ポーズ?にどことなく似てる気が。



 それにしても大股開きで男らしく椅子に跨ってる戸塚さんは そ そ る !



 床についた足が持て余し気味なのがまたねースタイルの良さを表してるよね♪



◆あのときの誓い(植草)◆


・MADとダンサーさんでペアダンス。

・幸太朗さんと麻里さんがペア!なんて気品あるエレガントな組み合わせなの!(心酔)
 J世界で活躍するダンサーさんの中では麻里さんが断然スキーなのです。


・ステップが細かくてアイリッシュのような感じで
 常にダンサーさんの腰に手を回し密着度が高め。
 ペアによってはリードさせて貰ってる感もあるけど、MADの佇まいは紳士的。


・ダンサーさんの腕を掴んで腰を支えて宙返りさせたり、
 背中合わせになってそのまま上体を折り、背中に乗ったダンサーさんを後転させたり…
 一日八時間のダンスレッスンの成果が其処彼処に。MAD素敵すぎだよ!



◆彷徨う心(錦織)◆

・錦織さんとハセのみ。
・追っても追っても追い付かない届かない、
 そんなもどかしさや歯痒さを回し舞台使用によって効果的に表現。
 …ハセが乗ってるとウォーキングマシーンに見えるけど(苦笑)



【研究所】

・ABC(作業服のようなグレー上下)

・(昼)研究所に侵入したヒガシさんの元に塚ちゃん現る。
 腰を落としてヒガシさんの顔を下から覗き込むような体勢のまま
 にじり寄る塚ちゃんの姿はまるで、そこら中にガン飛ばしながら
 「何見てんだゴルアァァ!」といちゃもんつけるタチの悪い人のよう(ってどんな例え)


 塚 「お前怪しいなぁ~(ヒガシさんをジロジロ見ながら)どっから入ってきた!」
 言った後、ファイティングポーズで構え。

 東 「なんだ、塚ちゃん。」サラリと真顔で。

 塚 「塚ちゃんじゃねえぇぇ!!緊急事態発生ー!!」下手袖に向かって叫ぶ。

 河五 「どうしたぁー!?」下手袖からバク転しながら出て来る。

 東 「無駄にバク転しやがって。」鼻で笑う感じ。



 小競り合いの後、追いかけっこスタート♪



 上手袖から走ってきて前転を一回して
 下手で腕をすっと伸ばしながら華麗にバレエジャンプを決めて袖へと消えるヒガシさん。
 それに続く塚河五も同様の動きを。



 塚ちゃんと郁人さんのアクロバティックな前転に対し、
 五関さんのは・・・・・・でんぐり返し(笑)



 オチ的ポジションの役目を果たそうと鈍くさくしてみたのか、
 乙女キャラ垣間見せてお姉様方のハートを鷲掴み☆な狙いだったのか・・・
 真相はG-51のみぞ知る。



・(夜)塚 「お前誰だ?怪しいなぁ~(ヒガシさんの上から下まで舐める様に見ながら)
 どっから入ってきた!」シュタッと戦闘態勢。

 東 「なんだよ、塚ちゃん。」サラリと真顔で。

 塚 「塚ちゃんじゃねええぇぇ!!緊急事態発生ーー!!(昼間より声張って)」

 河五戸 「どうしたぁー!?」バク転で登場。

 東 「無意味にバク転しやがって」やっぱり鼻で笑う感じ。



 小競り合いの後、追いかけっこスタート♪



 上手袖から走って来て、舞台中央で腕をすっと伸ばしバレエジャンプし、
 下手で腹筋二回してから袖に消えるヒガシさん。



 ヒガシさんから塚ちゃんの流れはスムーズに行くものの、
 続く郁人さんは塚ちゃんが腹筋に入る前に舞台上に出て来てしまった為、
 塚ちゃんの動きを見ながらゆったりフワリとバレエジャンプしてタイミング合わせを。
 ズレた間の悪さも~それがキミのタイミング~♪
 


 その次の五関さんはきちんとタイミングを計って出て来たのでなんなくクリアー☆
 かと思いきや、五関さんが寝転んだ段階で舞台に姿を現し、
 五関さんの様子を伺いもせずサクッとバレエジャンプを済ませて
 腹筋中の五関さんの元へとテクテク歩み寄る戸塚さんの姿が…。


 アナタって人は本当にどこまでも典型的なB型自由人だよ(苦笑)


 五関さんの傍らに立ち、手を腰に当てて(前へならえの先頭ポーズ)
 腹筋する五関さんを見下ろしながらにんまり笑う戸塚さん。





 一見微笑ましいその光景の中に隠れた戸塚さんのサディスティックな一面に身震い…!





・突如ヒガシさんが長い棒を持ち出してそれをABC目掛けて振り回す。
 「ちょ、待った待った!」各々叫びながら棒にしがみ付くも、
 そのうち棒に弾き飛ばされ、ぽてっと床に倒れるちびっこさん達(笑)



・攻防繰り広げる中でヒガシさんに捕まり腕を押さえられ身動き取れなくなる郁人さん。
 ジタバタ藻掻く姿と苦しげな表情がこれまた堪らんがな(どこぞのオヤジか)


 隙を見てヒガシさんの腕を振り解き、その腕を掴んで後ろに捻り上げて
 口角キュッと上げて悪そうな表情を浮かべたまま
 ヒガシさんを背後から突き飛ばす郁人さん。本 領 発 揮 !


・ABC去り際の台詞、

 郁 「俺達を」 
 
 五 「ただの子供と」 

 塚 「思うなよ」

 戸 「やれ」←昼間は無し。


 冷酷さを含んだ物言いする戸塚さんの低音ボイスには魔性的魅力があり、
 いつまでも身体の中に響いて残るんだよなぁ。



◆少年の想い出(隊様)◆

・ABC、MAD(赤いポンチョ?)

・フード被ってすっぽり顔覆われてる筈なのに
 郁人さんだけお顔がはっきりくっきり表に出ている不思議。Why?


 戸塚さんは腕の動かし方と棒を握る手の形で
 塚ちゃんは独特な柔軟性ある動きで
 五関さんはサイズで(爆)判別出来たけど、MADは辰越しか見分けられなかったー。



【二幕】

【最奥の部屋】


・研究者である赤坂さんの手によって
 優秀な能力を持った人物の魂を移植?された役のABC(つまりは人体実験の餌食)



 河→中国人(カーキ色の人民服風上下+帽子)

 五→世界的ダンサー(フリルの付いた光沢のあるグレーシャツ+濃いグレーのボトムス)

 塚→ロシアの体操選手(ボーダー長袖T+黒ベスト+黒ボトムス)

 戸→オチ的役割の為、謎。(グレー?の軍服)



・(昼)五関さんの格好を見たMちゃんが
 「わ、わ、若旦那がフリル…フリル…!」と強烈な萌えの襲来に崩れ落ちる(笑)


 郁人さん「戦争と言う巨悪の根源は~(なんたらかんたら)アルーヨ!」
 胡散臭さ満点のカタコトの日本語で。


 五関さんは華麗なステップを踏んで踊りながらマイケル的奇声を発する(笑)


 塚ちゃんは下手から上手に向かって連続バク転した後、「ダスビターニャ!」と
 叫びながらボディビルダー的ポーズを取って上腕ニ頭筋をモリッと。
 そして赤坂さんが「ダスビターニャ!!」と復唱。


 「次はコンビ技だ!」と言う赤坂さんの言葉を受けて
 塚ちゃんと郁人さんが腰を落とした体勢で腕を組み土台を作ると、
 五関さんが塚河の肩に手を置いて土台の上に乗っかろうとするフリを。


 この時の塚ちゃんがこれまた超悪戯っ子な良い笑顔で!
 えへへ~☆って笑いながら五関さんの様子を見てるのが可愛かった~!


 次の展開に行くきっかけは赤坂さんが出すらしく
 土台に足を乗せるフリしながらチラチラ赤坂さんの方を伺う五関さん。
 「えっとえーっと台詞まだですかねぇ?」とちょっと困った感じで赤坂さんに視線を送る。




 赤坂さんに焦らされ戸惑う五関さんの姿に悶えたのは言うまでもなく。




 そんなこんなで微妙な間を置いた後、「もういい!」とようやく赤坂さんが言い放ち
 「チキショー!」と悔しがる塚五河の三人。
 悔しがりながらも密かに五関さんだけが安堵の表情を浮かべたのを
 私は見逃さなかったよ(笑) 



・(夜)郁人さん「戦争と言う巨悪の根源は~(なんたらかんたら)サムハンキンポー」
 そう言って中国拳法の礼の構え(掌と拳を合わせる)を。


 五関さんは軽やかなステップとターンを駆使しながらマイケル的奇声を発する。
 「クロスハ~ンド(ダンスのステップ?)フォーーー!」
 正面向いてたお顔を横に向け、後頭部に手を添え、もう片方の手で指差しビシッ。
 自信満々得意気な表情浮かべる五関さんの姿にMちゃん息絶え絶え(笑)


 塚ちゃんは昼同様、連続バク転の後に「ダスビターニャ!」赤坂さんも復唱。


 次は自分の番だとばかりにスタスタ足早に上手前に出て来た戸塚さん。
 スタンバイ完了しアクション取ろうとした所で
 赤坂さんに「もういい!」と強く言い放たれ
 「なんで俺だけぇぇぇ!!」悲痛な叫びを上げながら
 腕をブンッと振り下ろし、頭を垂れて悔しがる。…リアクションでかっ!(笑)



◆マスターキー(隊様曲)◆


・床にビタンと寝転がったり、自分で自分の身体を抱き締めたり
 「つべこべ言わずに~」口元に手を当て口を隠すような仕草をしたり
 「必死に生きてる~」横向きになって足をガッと開き腰を落として
 腕をブンブン振ってその場猛ダッシュしたり。兎に角悶え所満載!

 他の人の倍腕振ってる戸塚さんのがむしゃらっぷりが可愛いんだな~(デレ)


 あと、ペア組んだダンサーさんを抱えて持ち上げたり、向かい合い手を繋いだ状態で
 ダンサーさんが自分の方に身体を倒して来るのを跪いて受け止めたりも。


 自分側に圧し掛かった体重を受け止める時に
 戸塚さんが余裕なさそうだったのは意外だったけど。
 (必死に踏ん張ってる感じで、頭下がっちゃって腕もプルプルしてた)



◆Change(隊様)◆

・えび(黒シャツ+白インナー+黒ボトムス)

・松明越しに見るABCとMADの素敵さと言ったらもう!
 炎の揺らめきが幻想的でナイス演出(o^-')b


◆変化(コンテンポラリー)◆


・踊る隊様達の姿に触発されて、見よう見真似で一緒に踊り出す他出演者。
 ABCやMADの面々は互いに顔を見合わせ微笑みながら「よし、俺たちも」な感じで
 着ていた黒シャツを脱いで舞台後方に放り、白ランニングもしくは白Tシャツ姿で
 手でリズムを取ったりしながらステップを踏み出す。



 踊ってるABCはとにかく伸びやかで力強くて輝いていて
 表情も柔らかく自然と口元が綻んじゃってるようで。
 それぞれの情熱がこちらにもしっかり伝わって来て
 ああこの子達はほんとにダンスが好きなんだなぁって…
 んーありきたりの事しか言えない自分がもどかしい。
 

◆想(隊様)◆

・えび(水色スーツ+白シャツ)

・(昼)「今こそ伝えあおう~」熱唱しながら
 笑顔で手を客席に向かって差し出す郁人さんが真正面に。
 じゃ遠慮なく!(差し出された手をガシッと掴みつつ)←妄想は果てしなく続く。


・肩をクイクイさせながらリズム取る郁人さん。
 キム様の影響受けまくりなその癖、実は凄いスキー。
 (郁人さんに対してはどうしてもキム様を重ねて見てしまう傾向がある私です)


・(夜)曲中、戸塚さんがふと柔らかい笑みを零したので、
 何なにどうした~?と双眼鏡構えて戸塚さんの目線の先を追ってみると
 そこにはものそい笑顔の辰巳くんの姿が…。


 しばしそのまま笑顔で見つめ合う二人…なんて和む19歳コンビ☆


 と心ときめかせていたら突然視界が真っ白に。んん~??
 仕方ないので一旦双眼鏡を下ろしてみると目の前に植草さんがおられました(凍)



 膝の上にメモ帳広げたまま双眼鏡構えて舞台ガン見な私を
 不思議そうに見た植草さんの顔はきっと一生忘れないと思います(…)

スポンサーサイト
【2006/08/06 22:10】 | 舞台 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<誰か僕のロマンティックを止めて | ホーム | そう 僕らは気がつきゃalways running>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://totsugaya1125.blog41.fc2.com/tb.php/57-5ee87b57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Maybe Blue


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

しほ

Author:しほ
某前髪ウザっこい彼と
その彼を囲む愉快な面々が
愛しくて仕方ない社会人
まったり更新中

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Blog Pet

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。