スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
7/20 下北サンデーズ(第二話)


※超個人的サトシン感想。


【稽古】

・座長やあっこさんの話を聞く時のサトシンは基本体育座り。
 ちんまりしゃがんで膝抱えてる後ろ姿が可愛くてどうしようもないのは勿論、
 丸みのある肩のラインとゴツッと男そのものな背骨のアンバランスさが魅力的だ。
 ああもういっそ攫ってしまいたい。(素)


・あっこさんご指名によりサトシンがミニチュア模型を使って
 新人ゆいかちゃんに【小劇場すごろく※劇場階級】を説明。初めての長台詞キター!!


 「下北沢には五つの劇場がありまして…私達のタイプのような超弱小劇団はまずここから。
 (模型を指差しながら)一番小さい…こないだゆいかちゃんが来てくれたOFFOFFシアター。
 で、次は同じビルの隣にある駅前劇場。(模型指差し&ゆいかちゃんに視線寄越し)
 で、もう一段昇格すると、ザ・スズナリに進めて
 上がりが小劇場界の頂点!憧れの本多劇場となります☆」


 そう言ってニコニコしながら手に持ったスイッチをピコピコ押し、
 本多劇場のテッペンに付いてる豆電球四つをチカチカ点灯させる独り遊び上手なサトシン。



 ねぇ佐藤くんってゆかフジガヤクン、アナタ素で楽しんでるでしょ?(笑)



【栄光へのジョギング】

・「梅ヶ丘、豪徳寺、土曜の次はサンデーズ。」と掛け声出しながら
 下北の街中をジョギングする団員達。
 脇を締めて腕を小振りして走るサトシンの姿はまんまJ世界のフジガヤだ(笑)


【ちくわ木産にて、ゆいかちゃん入団歓迎会】

・パッと見、メロンソーダー的色合いのサトシンスペシャルの正体は
 いつか明らかにされるのだろうか…。密かに気になって仕方ありません。


・料理に勝手にパクチー大量添えさせるタイ人店員プイさんに詰め寄りながら
 「ノーパクチー!」と言って口尖らせツーンとした顔するサトシンが幼稚で可愛い。


・他劇団の芝居も見ずにサンデーズ入団を決めたゆいかちゃんの決意確認をする劇団員達。


 「ん゛ん゛~ん…なんか選ばれた気がしないなぁ~」
 唇の左端をキュッと上げ意地悪気にそう言うサトシン。


 酔っ払ってるわけじゃないのに日本語に表しずらい声を出さないで下さい驚くじゃん!


【稽古】

・座長に指導される他劇団員の動きを見ながらストレッチしてる所や、
 自分が指示を受ける側になり、動きを確認しながら殺陣もどきしているサトシンの姿って
 どこかJ世界のフジガヤの姿に通じるモノがあり、
 色々垣間見れてる気がして嬉しい楽しい~♪(想像力は無限です)


【新人ゆいかちゃんをクドく野獣共】

・稽古帰りにゆいかちゃんを呼び止め、 
 「はい。」と言って手にしたメガネケースをゆいかちゃんに差し出すサトシン。
 (斜め掛けしたバックに斜め被りしたキャップに半袖シャツに半パン姿)




 緊張と恥じらいとで肩を縮こめてちょこんと棒立ち状態のサトシン。





 だーかーらー何度も言うようですけどー





 私がどれだけちんまりちょこんとしたあの子が好物だか知ってます?





 例え、小さな花モチーフ付きピンクラメケースの中に
 サトシン仕様モデル赤フレームメガネが入っていてキ○さ120%だろうと
 可愛いもんは可愛いのだ!





 で、その甘い声はどっから・・・( 絶 句 )





【稽古】

・真剣な表情で黙々と新しい台本に目を通すサトシンの姿もJ世界のフジガヤに重なるな~。


【舞台初日】

・侍を演じる際の刀捌きや構えが自然なのは演舞城の賜物ですな(笑)



 てゆか白衣着たフジガヤって如何わしくない?



【ちくわ木産にて初日打ち上げ】

・サトシンがゆいかちゃんに渡した赤メガネをキャンディーさんがナチュラルに装着(笑)
 その事実に気付き、まじまじとキャンディーさんを見つめるサトシン。


 堪らず会話の最中に、
 サ「てかキャンディーさんそのメガネ」
 キャ「うっさい!」サトシンの声に被せるように一喝するキャンディーさん。
 一喝されシュンと頭を下げしょんぼりするサトシン。…か、か、か、かわいい!


 がしかし諦め切れず再度身を乗り出しつつ、
 サ「キャンディーさんメガネエェ…」
 キャ「うっさい!」またも一喝され、サトシン撃沈。…更にかわいい!!


 吐息混じりの語尾が女々しさと悲愴感を上手く表現してるし、
 キャンディーさんとの間合いも合っててナイスナイス!



【まとめ】

 初回より細かい表情の変化もほんの少ーしずつだけど見せられるようになってきたし、
 台詞も聞き取り易くなったかなぁと…えぇ贔屓目上等で言わせて頂きます。

 
 そうそう。私が見た限り、二話はサトシンの影武者さん登場せずでしたー。

スポンサーサイト
【2006/07/20 23:59】 | メディア | トラックバック(0) | コメント(0)
<<それもまた 僕にとって 真実 | ホーム | 胸が騒ぐまま 世界中に誇るよ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://totsugaya1125.blog41.fc2.com/tb.php/54-0d9d8215
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Maybe Blue


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

しほ

Author:しほ
某前髪ウザっこい彼と
その彼を囲む愉快な面々が
愛しくて仕方ない社会人
まったり更新中

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Blog Pet

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。