スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
7/13 下北サンデーズ(第一話)


※超個人的サトシン感想。


【稽古】

・サトシン的ファーストショットは
 他劇団員が取るアクションを見ながらケラケラ指差ししてるトコ。
 画面から微妙に見切れてるフジガヤって新鮮だわ~(笑)


・出された御題(例:お漏らし寸前etc.)に合ったアクションを取る際、
 まだ自分を捨て切れずにカワイコちゃんぶってるサトシンの初々しさにデレっと雪崩。


・感情開放(喜怒哀楽を顔で表す)をした後、ほっぺたブ二ブニしながら
 顔筋マッサージしてるブサ○クなサトシンすら可愛く見える自分の網膜は無事じゃない。


・サトシン初台詞
 「またですかぁ?もうすぐ本番なのに…てかその飲み物何ですか?」


 共演者の方達のように腹から声を出す事がまだ出来てないので
 少し台詞が聞き取りずらかったり、喋るテンポと間の取り方が些か微妙な気がするが
 まぁ先は長いので温かい目で見守ってあげるとしましょう(常に上目線)
 まだまだこれからこれからー!


【舞台本番】

・劇中劇【鏡の中のカルメン】はコス満載!ビバ☆堤組!


・千恵美姐さん(佐田嬢)演じるカルメン様の傍らに跪く勇者?役のサトシン。
 赤帽子+騎士調赤ジャケ+赤短パンというチープな衣装が幼い愛らしさを強調してグゥ。


・白の全身タイツに黒布ほっかむり姿のサトシンの胡散臭さもナイスだが、
 どうせなら全身タイツで頭の上に天使の輪っか付けて、春よ、来い♪をバックに
 ジョーさんやサンボさんと一緒に舞台上で華麗に舞うサトシンが見たかった…残念。


【終演後】

・座長さんからお褒めの言葉を貰い、
 両手をギュッと握ってガッツポーズ取りながら「やったー!」と喜ぶサトシン。
 嬉しいと口が三角になるのは演技では無く、
 私が知ってるJ世界のフジガヤそのまんま。素で喜びよってーこの可愛いヤツめ(結局な)


・千恵美姐さんに倣ってサトシンも電気釜にお礼を。
 姿勢正してから頭ペコペコしてるだけでも十分すぎるほどに可愛いのに(正気)
 臀部に手をピタッとくっ付けてお辞儀だなんて無 理 す ぎ る 悶 絶 苦 !


【回想~稽古~】

・チケ代滞納してる面子を前に暴徒化したあっこさん(山口嬢)の姿に、
 サトシンはビクッと怯えて首を竦めながらちんまりちょこーんと棒立ち。


 
 私がどれだけちんまりちょこーんとしたあの子に弱いか知ってます?

 

 この姿だけで間違いなく白飯三杯はイケる。



【入学式ジャック】

・大学に忍び込むサンデーズの面々。
 マイペースなジョーさんの腕を掴んで、よいしょよいしょと引っ張るサトシン。



 ジョーさんとサトシンの身長差に激しく萌えるのは自分だけだろうか。



・「お洒落メガネ男子としては耐え難い屈辱でしたよぉ。

 そう言ってサトシンはメガネのフレームに手を掛けながら
 眉間に皺を寄せて不服そうに口尖らせムッとした表情を。
 あの子なりに考えてちゃんと演技してるのが見て取れます。



 ところで、サトシンの口調が若干甘めでアフォの子っぽいのは監督指導ですよね?



【ちくわ木産にて飲み会】

・「お疲れさーでーすっ。」と団員&ゆいかちゃん(上戸嬢)に向かって、
 どもどもな感じで頭をペコペコ下げるサトシンもまたそのまんまJ世界のフジガヤ(笑)


・恐れ多くも画面上にゆいかちゃんとサトシンだけ・・・ひぃぃぃ!(驚)
 肩が触れる程の距離でゆいかちゃん凝視のサトシン。



 その視線だけでも十分ストーカー法が適用されるんじゃ…(爆)



【回想~バイト~】

・ビンボー劇団員の為、サトシンは漫喫でバイト中。
 サトシンが身に付けた黄色いエプロンに




 漫画の鬼畜って。




 根っからのM気質である子が鬼畜って!( 絶 句 )




【飲み会】

・サトシン「お腹ペコペコですよぉ~。」
 超超超かわいこちゃんぶってる猫被ってるるる・・・!!(息切れ)


・料理に大量盛り付けされたパクチーを見て固まる劇団員達。
 テーブルの上に置いた両手をグーにしたまま
 パクチー混入犯であるタイ人店員プイさんを睨みながらぶーたれるサトシン。



 な ん だ そ の ニ ャ ン 手 は ? ! (呼吸困難)



・で、【サトシンSPECIAL】と名付けられた薄緑色の液体の正体は一体何ぞや?






【番外編】

 『愛の力で見破ろう!
 第一回・サトシンの影武者さんを探せ!
ドンドンドンぱふぱふ~♪』


・ジョーさん・サンボさん・サトシンが営業時間外に眠眠亭に訪れて
 「締めのラーメン・・・締めのラーメン・・・」と
 まるで何かに取り憑かれた様に呟きながらドアににじり寄るシーンで、
 後ろからのアングルに切り替った所からはフジガヤが演じるサトシンでは無く、
 影武者さん演じるサトシンだと思われる。


 横顔の平べったさと発達してない足筋を見れば一目瞭然。
 こんぐらいラクショーで見破れるぜ!


 って自信満々に言った所で答え合わせのしようがないんだけども…。
 単なる私の思い込みだったらゴメンナサーイ(苦笑)

スポンサーサイト
【2006/07/13 23:59】 | メディア | トラックバック(0) | コメント(0)
<<胸が騒ぐまま 世界中に誇るよ | ホーム | ちょうどいい Love Sick>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://totsugaya1125.blog41.fc2.com/tb.php/53-ed626358
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Maybe Blue


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

しほ

Author:しほ
某前髪ウザっこい彼と
その彼を囲む愉快な面々が
愛しくて仕方ない社会人
まったり更新中

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Blog Pet

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。