スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
4月4日 滝沢演舞城


※フジガヤと戸塚さん中心の個人的観察録。

※(昼)1階前列上手ブロ・(夜)1階中列上手通路横


◆OP◆

・膝をついた体勢ですっと上げた両腕を顔の前にゆっくりと下ろす時に
 右手首を左手で軽く掴む郁人さんがスキすぎて困るどうしよう(どうもするな)
 滑らかさがありながら力強さも感じさせる手の動きがとにかく素敵!

◆いにしえ~Night&Day◆

・(昼)ひかるちゃん五関さんひーくんというブ厚い壁に阻まれて
 戸塚さんの美貌が拝めない状態だった為、フジガヤと郁人さん観察に勤しむ。

・諸行無常~♪から大熱唱しだす郁人さん。
 珍しく歌詞も完璧な上に鼓の音までも熱唱…これまたえらい気合の入れようで(苦笑)
 歌いながら一点見つめて微動だにしなかったから誰か堕としに掛かってたのかも★

・(夜)上段から舞台に飛び移る際、両腕をビシーッと伸ばして
 膝を軽く曲げジャンプする戸塚さんはまるで戦隊ヒーローのよう。

・郁人さんも時々同じような体勢で飛ぶけど、
 彼の場合はお口も「トォゥ!」って形に開くから余計にそれらしく見える(笑)

◆ヨコ爺ちゃんと帝王の緩~いコント◆

・涼たんがまた少しやつれて元気がないような…いつもの発光オーラが出てないよー。
 マイエンジェルがキャピってないとお姉さん心配で心配で夜も眠れない(嘘をつけ)

◆忠臣蔵◆

・昼夜共、台詞は通常バージョン。

・(夜)花道登場時、羽織の右袖をギュッと掴んでる様も、
 手燭を引き寄せフーッと優しく息を吹き掛けて灯りを消す仕草も、
 何もかもが可愛い戸塚さん。んーま、いつもの事だけど☆

◆ドラムパフォーマンス◆

・バチを振り上げる動作一つ取っても目一杯楽しんでるのがこちらに伝わってくるTJ。
・忠義くんとポジションチェンジした後、
 その場駆け足しながら叩き出すタイミングを計ってる時もルンルンで♪
 きっと今は何をするにも楽しくてしょうがない時期なんだろうね(笑)

・フジガヤにもあんな無邪気な時代があったっけ・・・(遠い目)

◆白虎隊◆

・(昼)官軍の一人からボディブローを二発食らい顔を歪め藻掻き苦しむ戸塚さんに悶え。
・人間とは美しい物が汚されていく様に魅了される生き物なのです(悟)

◆MASK◆

・屏風ダラーンを終えた後、グーにした手を腰にピタッとくっ付けて
 テッテケ小走りで上手袖にハケてくフジガヤのちんまりさが可愛い。

・(夜)フジガヤ専属屏風処理班・江田ちゃんの待機場所が悪かったのか
 落ちてくる屏風が江田ちゃんの頭部をモロ直撃でとっても痛そうでした…無事?
 
◆滝曲◆

・はいはい戸塚さんが惑星一素敵に輝く曲ですよっと。

・いつ見てもこの曲を踊る戸塚さんには外れがない完璧。

・唇キュッと噛みしめ正面見据える彼の鋭い眼光に射抜かれて果てたいくらいだ。

・昼公演はグダグダアクロでちーっとも素敵じゃなかった某前髪ウザっこい子は、
 夜公演で一度だけバク転成功しとりました。精進精進~(念)

◆清姫◆

・(夜)上手で尼僧さんを庇いながら袖に逃がすという役目があるにも関わらず、
 下手側で大蛇と格闘する事に夢中な戸塚さん‥‥気分は孫悟空?(苦笑)
・お助けマンが来てくれないので軽く棒立ち状態の尼僧さんの存在に気付いた頃、
 身を屈め低空姿勢になり慌てて尼僧さんの所へ走って行く姿も何処かアニメチック(笑)

◆下駄ップ~山寺の和尚さん◆

・涼たんの衣装変更(白着物+腰に黒ストール)
・おまけに構成変更で涼たんソロダン有り。ジョーイが国に帰ったからか?

・ここへきてようやく涼たんの身体にキレが戻る。河合師匠譲りの首グリンも完璧!

・水芸の準備をしつつ、涼たんダンスを見守る戸塚さんの表情が優しく穏やかでねー
 そんな柔らかい笑みを零された日には恋に落ちます。(もうとっくに落ちてるだろが)

◆アクセントダンス◆

・(昼)フジガヤの中速スピンがブレずに綺麗に決まったので満足。よし、その調子!

・(夜)袖から勢い良くスライディングの体勢で飛び出して来た郁人さん。
 軽やかな身のこなしが格好良すぎてクラリ(倒)

・調子が良くてご機嫌なのか、ひたすらローラーでクルクルクルクル回転するフジガヤ。
 ミスってスッテーンしてないからいいけど、あんまり同じ技ばかり繰り返してると
 技の引き出しが少ない様に思われるから程々にしなね★

◆男の花道◆

・変更点→個別で動いていた悪者退治の扇子舞いを二人一組にして動きを揃える。
・その為、フジガヤと戸塚さんが下手に並んで
 敵を引き付けて引き付けて回って攻撃交わして威嚇~という同じ動作を。
・おかげで個人的に非常に見易くなりましたサンキューです。

◆Here I am◆

・こうなったら意地でもリリック解明してやると相棒Mちゃんとと意気込むも、

 ポンポポンポン響く鼓の音・・・・・・・・・・・?

 解明させない方が身の為か。

◆ワイヤーフライング◆

・昼夜通して郁人さんの調子があまり良くなかったような。
 回転してる時のフォームが安定しないというか、
 身体を上手くコントロール出来てない様に見受けました。

・(夜)またしても戸塚さんの首に黒い首輪が…!
 
・天狗の面を先回り首に掛けてるだけだと分かっていても悶え苦しまずにはいられん。

◆鞍馬山◆

・(昼)帝王ひかるちびズがダンスしてる時、
 キビキビダンスしてる涼たんをひかるちゃんがガン見。
 二人の間にはほんのちょっと距離があったけど
 コンタクトを遮る障害物はなかった為、すぐに涼たんがその熱視線に気付き、
 くるんっとターンする度にひかるちゃんにエンジェルスマイルを提供☆
 そのあまりのラブリーさに勿論ひかるちゃんはデレデレ雪崩状態。
 気持ちは分かるが何処ぞのオヤジみたいだよ、ひかるちゃん(笑)
◆二幕 義経◆

◇牛若と常盤の別れ◇

・「‥‥なんだ」常盤を冷淡にあしらう非情さを含んだ戸塚さんの声色が幾分柔らかく。
 縋る常盤の声に耳を貸すような感じで。

・赤子を腕に抱く姿もだいぶ様になってきたね、戸塚さん。

◇一ノ谷の合戦◇

・フジガヤが二刀流剣士じゃなくなってて残念なり。

◇義経さんと弁慶さんのアドリブ合戦◇

・(昼)弁:殿はお人が良過ぎます。
・義:どこがじゃ?言ってみろ!
・弁:普段は堂々としてるのに、シャイな笑顔‥‥キュンとします。
・義:そなた私に恋をしているのか?!(笑)

◇壇ノ浦の合戦◇

・(昼)船の手前部分の縁に立っている時に
 義経さんに右側から斬りつけられてしまった郁人さん。
 本来は船の奥(舞台後方)に落ちて観客に見えないよう袖にハケるわけですが
 この回は船の手前側で斬られてしまった為、舞台前方に落ちるしかなく…
 慌てて腰を屈め足早に袖へとハケていった郁人さんの渋い顔が印象的でした。

義経 対 頼朝

・刀を手にし、敵と見合う時のフジガヤの構えがフェンシング仕様なのは相変わらず。
 キミに棒状のモノを持たせるといつもそうなるけどいい加減どうにかしようよその癖。
 悪目立ちしちゃって損よー。

◆ショータイム◆

◆OP◆

・えび北藤横(黒ロングコート)

・あれほど儚く可憐に美しかった情景が何故こんなにもダークに・・・_| ̄|○
 とっても今更だけどお爺ちゃんの美的センスを疑います。

◆Endless Road:Kis-My-Ft2◆

◆Freedom:A.B.C.◆

◆HA・RU・NA・TSU・A・KI・FU・YU:帝王(&ひかる)◆

・花道奥から戸五帝藤横の順で並んでフリーダンス。他メンは舞台上で。

・途中ポジションチェンジで五戸帝横藤並びになるんだけども
 自分ワールド炸裂で突っ走る戸塚さんは
 段取りなんてすっかり忘却の彼方のご様子でチェンジする気配を全く感じさせず。
 その為、五関さんが若干戸惑い苦笑いしながら戸塚さんに近寄り
 身振り手振りでチェンジを促していたなんてそんな…!(苦笑)

・舞台に戻ると下手で戸塚さんとフジガヤがお隣り同士。でも絡みは一切ナーシ。

◆夢物語◆

・(昼)JJチビのみバック(襟がブルーのピンクシャツ+白ボトムス)

・目の前にタカキィが居たのでどさくさに紛れて恋の花咲かせつつ、
 (守備範囲外のJJの中でスタイル抜群なタカキィだけは唯一気になる存在☆)
 センターでがっつりダンシングなマイエンジェル涼たんにもめろりんこ。

・(夜)席がちょうど降臨中の滝真正面ナイスポジだった為、
 滝の可愛らしさにホワホワしながらいつもの調子で踊っていたらば・・・
 思いがけず滝が釣れました(笑)

・数年前ジャニから足を洗うきっかけを与えてくれたオトコと
 こうしてまた恋の花咲かせる事になるなんて、
 ほんと人生何が起きるか分からないわ…とほんのりしみじみ。

◆バランス◆

・えび(黒スーツ+黒ライン入り黄色インナー)
・北藤横(黄色シャツ+黒インナー+黒ボトムス)
 
・基本フジガヤと正面でファイ!は無理なikujinashiなので
 あの子が自分の正面に立とうものなら即視線を他所へと移すわけですが
 この時ばかりはもう我を忘れただひたすらフジガヤを凝視凝視凝視目が離せん。
 シャツを羽織ってるって段階でもう好みドンピシャで相当ヤバイのに、
 その上一人だけ襟立ててくるなんてズルイんじゃないの、ねぇフジガヤ。
 あまりの素敵さにお姉さん発狂しそうになったじゃない!
 って衣裳に左右される愛でごめんなさい☆

・(昼)上手前に滝と北藤横だけが寄せ集まってフリーで動く所で
 唇に右手人差し指を軽く当てた後、
 そのままその指をすーっと前に差し出すように伸ばすフジガヤ。
 あのーもしかしてそれはってかもしかしなくてもどっからどう見ても投げキッス。
 (↓幸せな勘違い上等で↓)


 すいませんその指が差す方に私居るんですけど真正面ドーンなんですけど。


・確か周りは、ご臨終こずえさんを抱き寄せ「愛しゅうございましたあぁ」と
 哀しみに打ちひしがれる義経さんをロックオンしながら
 ハンカチで涙を拭う正しい滝担さんばかりでしたよねぇ?ねぇ?!
 とひっそりこっそり狩猟区域内を見回した所、
 お目目ハートのフワッフワお花畑で
 フジガヤにキュンキュンしている方が見当たらなかったので、よし、それなら私が。
 あの子がどさくさに紛れて放ったソレは私が責任持って処理しとく!(ダッ)

・(夜)自己陶酔度が増したのか、わざと大胆にシャツを肌蹴て両肩を出しながら
 身体をクネらせ挑発するような眼差しを寄越してくるフジガヤ(…)

 ったくアンタって子はーすぐそうやって調子に乗るんだからー。
 さっさと袖に戻ってシャツ着直してらっしゃいー(首根っこガシッと掴みつつ)
 
・ちなみに投げキッスはしてなかったですウフフ。

◆愛想曲◆

◆Diamond◆

・(夜)念願の戸塚さんがお通りになる聖域席だったので
 愛想曲が後奏に入った段階からじーっと後ろの扉を凝視していると
 扉の隙間から木漏れ日の如く眩い光が漏れてきて…

 目深に被った帽子に手を掛け、
 唇の端を微かに上げブラックな笑みを浮かべた戸塚さんが目の前に。

 あまりの神々しさに呼吸する事も忘れ、
 独りでは受け止め切れない感動と興奮を伝えるべく
 相棒Mちゃんの腕を掴みビシバシ引っ叩きまくる私。(迷惑な話だね、うん)

 大袈裟と思われるかも知れないけれど、
 扉が開かれ其処に現れた戸塚さんの姿を目の当たりにした時に覚えた
 言葉にし難い感動はきっと一生忘れないです。

 あーもう戸塚さんスキだー!(終わらない想いはすでに極限)

◆大阪ロマネスク◆

◆イリュージョン◆

・藤(模様入り青半袖ロングシャツ+白インナー+白ボトムス)
・えび(紫ノースリジャケ+白インナー+白ボトムス)

・布を纏った郁人さんと戸塚さんが颯爽と現れ、
 赤い照明を浴びながら踊る様が格好良くて素敵すぎて眩暈が。

◆Venus◆

・(昼)イントロが流れ出すと、檻の上の狭いスペースで屈んだまま
 ブレイクダンス系のターンをさり気なく決める塚ちゃん。カッコいい~!

・そしてその後、檻ごと撤収されてるにも関わらず
 にぱぁっと笑いながら片膝ついた体勢で
 両手を左でパンパン→右でパンパン(Kissで目覚めて~の振り)を繰り返し。
 まさに【It´s TSUKADA Dream】
 一緒に観劇した田口担のお友達がめろりんこになってたよ、塚ちゃーん♪

・(夜)「光と影の誘惑~♪」部分の手振り、
 親指と人差し指くっ付けて○にする所で張り切って指三本立てちゃった戸塚さん。
 指を出した瞬間、ヤベッ!て気まずそうな顔をするも間違えを正せず
 続く指二本立ての所も指三本立てて、次の指三本立てでは指をそのままにし…
 えへヘ☆と苦笑いしつつ、結局3ポーズ全部指三本立てで済ませた戸塚さん。

 いいよいいよ手先がゴチャゴチャする振りは苦手なんだもんね!
 原理が分かんないんだもんね!しゃーないしゃーない(とことん激甘)

◆出演者紹介◆

・構成変更あり。
・ビーナスが終わり出演者紹介までの間に、舞台上には
 五条大橋・女形の波形花道・鞍馬山の岩等セットが所狭しと運び込まれる。
 勿論ABC・キスマイ2・MADも裏方さんと化してセットを運ぶ。

・キスマイ2はローラー履いてご挨拶した後、即行ハケてそのまま出て来ず(…)

・(夜)「えーびーしー」とユニ名を呼ばれて前に出て四人揃ってバク転した時に
 頭に巻いてた鉢巻がすぽーんと綺麗に取れてしまい思わず戸塚さん→∑(゚ロ゚*)
 バク転着地した後、そそくさと鉢巻拾って右手で握り締めて後ろへ下がり、
 ABCの待機場所である波型花道のセットに上がると
 着物の合わせ部分にむんずと手を掛け、懐に鉢巻をギュギュッと押し込む戸塚さん。
 柔道で一戦交えた人みたいに着物が着崩れてるよー(笑)

◆epilogue◆

・最後のサビに入った所で滝、ヨコ、忠義くん以外の出演者が通路より登場。
・上手通路は武TJ藤北横塚河戸五の順で。
・下手通路は幸江(他分からず)

・(夜)通路登場直前に張り切って後ろの扉を振り向いたものの
 まだ心の準備万端ではなかったからとりあえず深呼吸だけでもーと
 スーハーしようとしたらばたらば…
 目の前にライオン丸と化した薄幸の美青年幸太朗さんが現る。

 そして彼の透き通る様な柔肌の美しさに吸い込まれそうになっていると
 その後ろから独り遊びが上手なTJのウキャウキャ笑顔が見え、
 更にその後ろには、お清ましというより少し緊張気味な面持で目線を遠くにやり
 両方の手をギュッと握るフジガヤの姿が。(あ、コイツ普通に可愛い…)

 更にその後ろに横尾さん・ひーくんと続いて、お次は塚ちゃん。
 塚ちゃんはエピを口ずさみながら時折にっこり微笑んで。
 その後ろの五関さんはシュッとした顔で誇らしげな感じ。

 次の戸塚さんはふにゃーっと子供の様なあどけない笑顔を浮かべて。
 鎖骨の下にあるホクロを肉眼で見る事も出来、眼福。お腹いっぱい。

 最後尾の郁人さんは胸を張って自信に満ち溢れた表情で真っ直ぐ前を向いて。
 迷いを感じさせない郁人さんの凛とした表情や姿勢はとても清々しく
 見ていて気持ちが良いので個人的に大好きです。
 
・舞台に上がると上手通路組はそのまま五条大橋の上に整列し、役者さん達は前列に、
 他のメンバーはセットを避けながら(苦笑)空いてるスペースに整列。

◆カーテンコール◆

・五条大橋に上がってた上手通路組も舞台に降りる為、
 人工密度が高まりごった返す舞台上。

・手繋ぎラブラブ仲良し絡みは一切なく、お手振りはかなり控えめ。
 本音を言えばちょっと淋しい…。

スポンサーサイト
【2006/04/04 23:59】 | 舞台 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<時につまずくこともあるけれど Alright! | ホーム | 愛のない未来は見れないタイプ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://totsugaya1125.blog41.fc2.com/tb.php/19-f0b09d4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Maybe Blue


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

しほ

Author:しほ
某前髪ウザっこい彼と
その彼を囲む愉快な面々が
愛しくて仕方ない社会人
まったり更新中

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Blog Pet

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。