スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
この声 君に届いて


【10/4 World´s Wing 翼 Premium 2007】


※個人的なフジガヤ観察録

※1階中列下手通路横


◆OP◆

藤(シルバー×ブラックのスタンドカラーコート+黒パンツ)

ロック調の曲にストロボの様な目眩まし的ライティング。
スモークが焚かれた中、逆光浴びた今井氏がセンターにドン。セリから上がって来るキス2。
舞台上前列に(下手から)玉・宮・横・藤・北・千・二・バトンが並び。
人数合わせの為にキス2に交ざるバトンくん。


フジガヤ見るの二ヶ月ぶりだから徐々に五感を慣らしていきたいのに
初っ端から立ち位置ドンピシャだなんて心臓に悪いっての。
動き出すまでの間、正面見据えるというより、ちょい顎を少し上げて
こう見下す様な表情を浮かべるフジガヤ。S 全 開 !


ここ2年程今井氏の傍で濃密な時間を過ごし、
今井氏が持つ世界観をどのユニより理解しているであろうMAD(特に辰越福松)は
十分すぎるくらい今井氏と意思疎通出来てるわけで。
そんな主従関係バッチリ且つ職人肌気質の集合体の中に急遽放り込まれたキス2は
協調性あるとは言い難いし、正直MADの大半にスキルでも劣るし。
何かと粗が目立って上手く溶け込めてないんじゃ…って心配だったんだけども、
OPの群舞に関してだけ言えばそんな不安は杞憂でしかなく。
フジガヤも両手上げて右左向く振りで一度だけカウント早くなっちゃった以外は
乱れる事なくきちっと踊れててお姉さんひとまず安堵。
ただ、ガツガツ踊りつつもちょいちょい視線を自身の下半身へと落として密かに
チャックチェックする癖はいい加減止そうねぇ(苦笑)


チラリズムなんてまどろっこしい事するくらいなら潔く脱いでしまえ的スタンスの
見せたがり集団が、曲中衣装の前をガバッと開けて惜し気も無く素肌を晒す演出は、
爺の趣味(&ドリボズの名残)だと座長担の皆様が大目にみてくれる事を願います。
フジガヤの腹部の肉付き加減は・・・・・・
とりあえず脇腹は凹んでて肋骨が浮き出てましたよという事で。
背筋ピンと伸ばして胸張ってたし、大きく深呼吸してたから真相は定かじゃないが。
己の肉体の事は己が一番熟知してると思うのでね。 み な ま で 言 う な 。


鉄骨セットで踊ってたMADとポジションチェンジでセット上部に。
(下手から)宮・藤・北・二。横玉1000の存在は知らん。
隣りの宮田と自分の動きが違う事に気付くフジガヤ。
「あれ?」ってな不思議な表情で一端フリーダンスに切り替えてターンついでに
さり気なく反対のひーくんを見やって振り確認。
どうやら自分の動きは間違ってなかったらしく、再び宮田へと視線を移すフジガヤ。
全力で振り間違えする宮田にすっかり気を取られてしまったようで
チラチラ彼の様子を窺って物言いたげにウズウズウズウズ。
お陰でフジガヤってば自分の振りが疎かに…この、おバカ!(苦笑)
ひとしきり踊った後、セリが下がりキス2は消える。
何かとSぶりたがる今のフジガヤの事だからきっとセリが下りきった所で
チクチク宮田をなぶった事でしょう。もう慣れっこだろうけど、お気の毒に宮田ー。



◇GO ON◇


MADのみ。
曲途中、下手袖からゴロンゴロンしながら出て来る山亮が体勢整えた後に
下手袖に向かって軽く手を上げて、ごめんーってジェスチャーしたんだけどあれは一体?


曲終わりの「僕らはもう止められない」で人差し指クイッと挑発的な仕草してから
客席に背を向ける辰巳くんが格好良すぎて狡。



◆World´s Wing◆

藤(ラメラメショッキングピンクノースリ+黒パンツ+両手に黒グローブ)

舞台後方の階段に腰掛けてリズム手拍子したり指パチンと鳴らすフリしたり。
藤横が同じ色の衣装、ひーくんは淡いピンク衣装、デザインは同じの着てるんだけど
ひーくんは体型的にちっこいからまだしも、
藤横は如何わしいお店の呼び込みにしか見えないっていう★


バックメンはちょこまかポジション換えるんだけど
フジガヤはキョロキョロ右往左往状態で立ち位置把握出来てない感ありあり。
ひとしきり踊って一時停止した際、
肩と胸が激しく上下する程にゼェハァゼェハァ荒く呼吸するフジガヤ。
毎度の事だが、キミはほんとにペース配分出来ない子だねぇ…
序盤でそんな息切れしててどーする!(苦笑)
途中でフジガヤだけスタスタと下手袖にハケる。



◆十六夜物語◆

藤(裏地がオレンジの藤色の水干的着物+黒インナー+黒パンツ+扇子)

どうせなら袴も履かせちゃって下さい(切望)
袴穿いたあの子のモコモコ臀部に潜む萌えプリーーーーズ!
(城でお釣りが来るぐらい散々萌え苦しんだくせにまだ欲するか)


雅楽風にアレンジされた曲調に合わせて日舞っぽい動きをするフジガヤ。
予想外の独壇場にお姉さん手に汗握る。
腰を落としてゆったりと歩みを進めて扇子を翳す。
とにかく丁寧に舞う事を心掛けてる様で、当然軟体癖も抑制。
そのせいか持ち前の腕のしなやかさが欠けて少し硬さを感じたかな。
でもそれは場数熟して振りが身体に馴染んでくれば自然と改善されるだろうから
気にしません。フジガヤなら大丈夫。


「ミステ~リア~ス♪」今井氏と向き合い互いに一歩一歩踏み出し交差する所、
フジガヤも今井氏も目を伏せていて。
こういう場面でこそ座長様と視線を交わして真っ向勝負して欲しいんだけど
多分フジガヤにはそこまでの度胸がないであろう現状。
一舞した後、上手にハケ。
今井氏とダンサーさんが舞いしばらくすると再びフジガヤ登場。
入れ替わる様にダンサーさんハケる。
突如着物に手を掛け、正面向いたまま、するりと脱ぎ始めるフジガヤ。
厭らしく見せ付ける様な脱ぎ方じゃなく手早くパパッと。
早替え得意とは言えない子なので
気持ちに余裕がない時は段取りに忠実なんです余計な事はしないんですのよ。
脱いだ着物を頭上でブンブン振り回し、袖に向かってポイしてまた一踊り。
それにしてもなんて肉感的…。



◇韃靼人の踊り◇


MADのみ。
舞台上に交差させた数本の布を使って創作ダンス。
布に隠れた辰越ダンサーさんが順にひょっこり姿を現して躍動感溢れるダンス披露。
辰巳くんのバレエチックなジャンプの跳躍が高いのなんのって。
助走なくてあの高さ…。才能があるって素晴らしい!(感嘆)
曲のテンポに合わせて目まぐるしく緩急の変わるダンスと、
踊る彼等の表情の変化にグイグイ引き込まれます。



◆sing sing sing◆

藤(赤シャツ+右肩に紺の布付き白ベスト+黒パンツ+ローラー)

キスマイのみで歌います。
サビ部分を、北ソロ→藤ソロ→二千の順。その他コーラス。
フジガヤは高音パート担当。やや音程ズレてる…願わくばボイトレにGo。
藤北でスピンし合いっこします。北→藤→北→藤の流れ。
近頃ローラー履く機会もめっきり減り、スキル低迷が隠せない彼らなので
グダった点もあるけど、これもまた公演を熟す毎に勘を取り戻すだろうから心配無用。
フジガヤのリズム手拍子は相変わらずチンパンジーの子供叩きでビターンビターン。
この癖可愛いし個人的に凄くスキでもあるけど、
舞台には舞台に合った手拍子の仕方があるって事にそろそろ気付いて欲しかったりも。


◇The Entertainer~卒業インスト◇


◆Singin´in the rain◆


横尾さんがブラウンのトレンチコート着て無表情で傘振り回してました。


◆愛想曲インスト◆

藤(グレー系のベスト+シャツ+パンツ)

電飾付きのショーケースに見立てたケースが3個登場。
その中に、マネキンと化した(下手から)北・二・藤。
藤→北→二の順でソロダンス。ターン時に軸がブレてよたってたのは、がやすけです(誰)
三人がショーケースを叩き割る様な動作と共に「ガシャンッ!」という効果音。
ショーケースから勢い良く飛び出して来る三人。



◇I Got Rhythm◇


辰越福松がタキシード。
わざとらしいくらいの笑顔をひたすら浮かべる越くんに釣られてこちらも思わず笑顔(笑)
SHOCKやPZでの経験がちゃんとここで活きてるわけだね。


◇夢物語インスト~踊り明かそう~夢物語インスト~I Got Rhythm◇


◆乱闘~ダンス対決◆

藤(黒ベスト+黄色シャツ+黒インナー+黒パンツ+腰に黒シャツ巻き巻き)

チームYellow:藤・横・千
チームRed:北・二・玉・宮


袖から人力移動で出て来た階段付きセットの上部に藤北(下手→北・上手→藤)
二千玉宮が小競り合ってるのを呑気に上から眺めながら時折茶化すフジガヤ。
「調子乗ってんじゃねぇぞ!」「やっちまえー。おい、お前そんなもんかよー」と嘲笑。
階段を下り間近に来ても尚4人を嗾けるフジガヤのふてぶてしい態度にキレるひーくん。
フジガヤにぐぐっと詰め寄り一気に距離縮めたかと思いきや、
次の瞬間ひーくんの腕がフジガヤの胸をドンッと押っぺしました。



…いやいや、ひーくん。
そこはフジガヤの胸倉掴んで睨み利かしたり殴る素振り見せた方が効果的じゃ?
腐女子的ニーズは高いだろうけどさ、妙な手加減や女々しさはいらないっすよ?(笑)


痴話喧嘩レベルで軽くバトった後にダンス対決。赤黄交互に踊り、〆は7人で。
ここでのフジガヤは勢い任せに踊ってても身体にキレがあったので軸がブレる事もなく。
気分高揚してる時によくやる右腕上げ癖もしてて分かり易くテンション↑↑
ちなみにこのシーン、J世界ではお馴染みのここまでの流れ(今井氏の世界観)を
バッサリぶった切る演出でして…。
座長担の皆様が心の中でブーイングの嵐でもおかしくないわけで、
いちバック担としては恐縮しまくりなんだけど
でもこれって滝リサイタルとのリンクなんでしょお爺ちゃーん!
チーム色は違うけど(滝→赤vs青、翼→赤vs黄)きっとそんなオチ(願望含む)



◇Pride ♂ the END◇


今井氏with山亮。のちMAD先鋭部隊合流。


◆4日限定サプライズ・チンチンイーと愉快な仲間達のトークショー◆


Pride~終わった後、不自然に暗転したと思ったら暗闇の中で
ドタドタ人が動く気配がして目を凝らしてみれば舞台前列に人影がズラリ。
「ん~?」と思ってる間に暖色の照明がぼわ~っと点いて
舞台上にきちっと整列したキス2と今井氏の姿がこんにちは。
事態把握出来てない今井氏と思い掛けないアクシデントに騒めく客席に向かって
「ちょっとトラブルあったみたいでー」
「キスマイ出ろって言われて出て来ましたー」と藤北が軽く状況説明。
はてどうしたもんかと探り探りトークし出す彼らをよそに
スタッフさんがさっさと緞帳下ろすもんだから彼らは更に舞台際に追いやられ(笑)
そんなこんなで、セリが下りないというトラブル発生で急遽トークショー開催~★
(以下、ニュアンスで)


(下手から)山亮・横・玉・宮・二・北・今井氏・藤・千の並び。
キス2は次のアフリカ衣装(民族チック)着用。


キスマイは演舞城に出てたよね~の流れから滝の差し入れ話になり、
「滝沢くんが僕達に差し入れしてくれるのは精力ドリンク、マカとかですから!!」
とプチ暴露し、腐女子へのネタ提供を惜しまないひーくん(爆)


今回の公演は踊りっぱで嘗て無い程ハードなので
巷では翼´sブートキャンプと言われてる~の件で、
口元に手当てて肩揺らしながらくふくふ笑うフジガヤがそりゃもう乙女の如く可愛く。
思わずデレデレ雪崩れて溶けてしまいそうになったけど
奥歯で頬の内側を噛んで必死に堪えました。まだ逝くわけにはいかないの。



それなりに話が弾んで来た頃、
今井氏が「まだ喋ってない子いるけど大丈夫?」と振るので
じゃあ自己紹介でもしましょっかとなり、まず山亮から。
山亮ママは今井氏好きで車のナンバーが283。買い換えても尚283。
この日の公演見に来てたそうな。


続く横尾さんは「キスマイ~のy、横尾渉です。」・・・淡白すぎますって次男坊。


ちょっと喋っただけで客席からクスクス笑いが起きる宮田を見て、
「宮田くんは自己紹介で笑いが取れる」とひーくん笑顔。やけに嬉しそう。
この時のフジガヤは衣装の着崩れが気になるらしく。
斜めに巻いたスカートがでろ~んと前に垂れ下がってきちゃうのを密かにお直し。


口数少なくぶっきらぼうな玉森に、滝の印象を問う今井氏。
「えっとーアレはー・・・・・・・とりあえず優しいです★(二ヘラ)」
偉大なる先輩を「アレ」呼ばわりした上に言葉端折って「とりあえず」と来たもんだ!
流石、腹黒タマモリさんは違いますねぇー。


そんな腹黒タマモリさんの失言を受けて、
すかさずフジガヤ「すいません。後で説教しときますんで!」と申し訳なさそうにペコリ。
「説教」を強調して言うのがオモロイ(笑)



2=二階堂に疑問を投げ掛ける今井氏。
「2じゃなくてnにしてキスマイフットン(Kis-My-Ftn)でいいじゃん」と提案。
がしかし二階堂曰く「お前はエヌじゃない、2だ。って社長に言われた」ので却下だと。
つーか二階堂、今井氏に対してナチュラルにタメ口なんだが・・・
そこはスルーでいいんですか年上組!(笑)



翼「北山くんは井ノ原くんと百識n」
北「(今井氏の言葉を遮って)それはこっちです!(フジガヤ指差しながら)
藤「僕です!(自分を指差しながら)」
北「僕は次長課長さんとかと一緒にYOUたちって言う番組に・・・分かります?」
翼「あれでしょ・・・・・・デビ夫人のお宅拝見とかしてるのでしょ?」


番組の存在すら知らないかと思いきや、放送内容を多少把握していた今井氏に
驚きつつも、嬉しそうにコクリと頷くひーくん。なんだか微笑ましいぞ。



藤「僕が百識に出ているフジガヤタイスケです!」
(過去形にしなくていいの?と心の中で突っ込んだ自分が切ない…)

城でのフジガヤ弁慶の健闘っぷりを手放しで誉めてくれる今井氏。

翼「急にあんな大役をね、任されて!僕はキミに沢山拍手を送った。
・・・あ、勿論うちの相方くんにも送ったけどね(笑)」
藤「有難う御座いまーす(ペコリ)」
翼「エフくんも頑張ってるなーって」
北「エフくん?(笑)」
藤「そこはフジガヤって名前で言って下さい(笑)」


ここで再び腐女子へのネタ提供を惜しまないひーくんから城でのフジガヤ裏話。
二幕のアドリブシーン前のフジガヤの様子を振り返って、
「フジガヤ、いつも楽屋でどーしよーどーしよーって。千賀なんかネタない?って」
藤「滝沢くんのアドリブは分かり易いんだけど風間くんのは分かり辛いんです(苦笑)」



滝翼地方に付かせて貰ったと言う1000gaに
「一番最初のソロコンにも付いてくれたよね?」と今井氏。首を傾げる1000ga(オイ!)

北「それは多分この辺(自分やフジガヤ指差して)だと。全身タイツで踊ってましたよ?」
と言って、濡れてRainy Daysでのロボットダンスを再現してみせる。
翼「それで、カラーボール下さいって来てね、
ここに(と言って下腹部に手を持っていってモゾモゾと)・・・って今お昼でしたね」
藤北「(苦笑いしつつ)お昼ですお昼!」

...続きを読む
スポンサーサイト
【2007/10/04 23:59】 | ステージ | コメント(0)
Maybe Blue


カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

しほ

Author:しほ
某前髪ウザっこい彼と
その彼を囲む愉快な面々が
愛しくて仕方ない社会人
まったり更新中

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Blog Pet

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。