スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ポイントは まるで違う二人


先日身内の目出度い席にて久しぶりに気合を入れてドレスアップしたらば
思いがけずらぶハンターに捕えられてしまいました(爆)
正直ガツガツ攻め込まれるのは苦手だったりするんですが
たまには流れに身を任せてみるのもいいんじゃないかと…えぇ。(軽く投げやり)
そんなこんなで何かと雑務(…)に追われる日々を過ごしている間に
気付けば滝リサイタルが千秋楽を迎えておりました。



座長の滝を始め、出演者の皆さん、約一ヶ月に渡り本当にお疲れ様でした!



ジュニアの面々は毎度の如くゆっくりと休む間も無く
番組収録やら大運動会やら…と大忙しの日々が続くようですが、
酷使されてる内が華のジュニア業!どうぞ皆さん有意義な秋の日を★






で。めぐりめぐるゴセキが~♪はネタなのどうなの?(笑)





+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +




◆Hot!サマー@HEY!◆





塚田が回れば五河戸も回る。





ABCが回れば歓声あがる。





自分達の存在を知らない人達をも一瞬にして惹き付ける技を持ってるって
強みだよなぁとつくづく。
いいな~と羨望の眼差しを送ると同時にチクショーって地団駄。
(人をそれを僻みと言います)





間奏の四人揃ってバク転する所で、
バク転直前にシンメの五関さんの位置?をチラリ確認する戸塚さんに胸キュン。





合体技決めた後、手叩きながらお客さん煽りに行く戸塚さん。
去年の滝コンから思ってたんだけど、戸塚さん、手拍子がぎこちなくなってるよね?
前はもっと軽快にリズム手拍子打ってたのになんなんでしょう?



指を広げて、手を合わせる時に指の腹と腹をしっかりピタっとくっ付けて
ペチペチぺチぺチ叩く感じ…
フジガヤも結構やる叩き方なんだけど
まるでゼンマイで動くシンバル持ったおさるの玩具みたい(笑)
いや可愛いから全然オッケー無問題だけどね。





【ズバリ診断書】


◆フジガヤ編◆


滝が抱くフジガヤイメージは
愛がないと生きていけない・白黒ハッキリしたい・髪型が光Gみたい。



前の二つには激しく同意。
…てゆか滝アナタ単に三つ目が言いたかっただけでしょ?(笑)

...続きを読む
スポンサーサイト
【2006/09/28 22:57】 | 戯言 | コメント(1)
加速するスピードは熱をあげて止まらない


【9/20 日テレ特番】



抱いてセニョリータ(バック・渡辺-宮舘-真田-佐久間-野澤)



さして期待せずにいたから喜びも一入と言うわけで
画面左奥に宮舘くんを発見した時の己のテンションの上がり様と言ったら
尋常では無かった。





加速する宮舘熱は当分冷めそうにアリマセン…。




以下、個人的感想をドーン。

...続きを読む
【2006/09/20 23:59】 | メディア | トラックバック(0) | コメント(0)
9月13日 滝リサイタル(後編)


【9/13(昼) One!~the history of Tacky~】


※フジガヤと戸塚さん中心の超個人的観察録・其の弐


※2階A列上手寄り


+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + +



◆二幕冒頭◆


えび(オレンジ×迷彩ジャケ+白シャツ+黒ネクタイ+黒パンツ)


これまた随分とんでもコーディネートですね…(-_-;)


滝の周りで踊ったり、アクロして通過したりと場繋ぎ的な動きをするABC。



◆ラテン系曲:滝◆


闇のベールを纏った素肌はラビリンス~♪
見つめるだけで惑わせたい~♪
glowing glowing It´s a Heaven 解き放て~♪



◆Taste Me:滝◆


藤(黒インナー+黄色シャツ羽織+黒パンツ+黒帽子)

戸(黄色シャツ+黒ネクタイ+黒パンツ)



初っ端上手側階段上部にいるフジガヤが素敵すぎてもう何がなんだか。
黄色衣装纏ったあの子には滅法弱いのです気が触れそうになる…!



右手を顔の前で左から右に動かし
そのままその手を下に向けて下ろしていくサビの手振り、
手が小さく指の短いお子様っ手のフジガヤがやると
どっからどう見ても海中で蠢くイソギンチャクでしかなく(…)
どうにもこうにも満たされないから
ついついゴッドハンドの持ち主へと救いを求めてしまう私・・・未熟!
だけどこればかりはどうしようもない手担の性。




ところがどっこい肝心の救世主テクニシャン戸塚氏は私の期待を大幅に裏切り、
海中で揺れる海藻のような手付きを披露。
……ここまで見事に玉砕すると逆に気持ちがいいくらい★(ってんなわけあるか!)




戸塚さんがハンターの如く眼を鋭く光らせて
人差し指でカモンカモンなんて挑発してくるから
堪らず目の前の柵乗り越えてしまおうかと…(冗談でも止めなさい)



◆気まぐれJET:滝◆


えび藤(蛍光ピンクライン入りの蛍光黄緑上下・上着はフード付き)


両手で投げチューふわふわ飛ばしてた塚ちゃんと、
電車ごっこしながらウキャウキャはしゃぐオーバー18の姿しか
私の脳内DVDに記録されてないのは何故なんだ?



◆ベガス映像◆


戸(黒ベスト+黒インナー+黒パンツ)


バギーらしき乗り物に乗った滝(ひーくんダミー)の後ろをくっ付いて
舞台上を子供のようにはしゃぎながら駆け回るABCの面々。




そんな中、戸塚さんだけふと下手前で立ち止まり、
ベストの裾を持ち上げてファスナーを上げる動作を。
だがしかしなかなかファスナーが上がらない様子で
何度も何度も手を上げ下げしては首を傾げる戸塚さん。次第に焦りの色が…。
仕舞いには客席にお尻を向けたまま上体を屈め、
裾を思いっきり捲り上げてファスナーと格闘する始末!(爆)




戸塚さんがそんなこんなしてる間に舞台上は次の場面に進み、バギーが消え
マウンテンバイクに乗った滝が1階上手通路を通って舞台へと登場。




するととっさにベストから手を放して慌てた様子で滝の居る上手へと
体勢低くしてスタタターっとすっ飛んで行く戸塚さん…なんてコミカルな動き(笑)
結局ファスナーは上げられないままの戸塚さんなのでしたチャンチャン♪




マウンテンバイクに付いてるフォーンを滝がプップカプップカ鳴らしまくると
「どうもすいませんねー」と申し訳なさそうに近くのお客さんに向かって
ぺコぺコと頭を下げるABC。腰の低い四人がものそい可愛い~!




~ひかるちゃんが象に乗って登場~




「ぞうさんだあぁぁ~!」と叫びながら目をキラキラ輝かせて象に近付く塚ちゃん。
ナイスオーバーリアクション(笑)




~象さんと滝相撲対決で滝があっさり勝利を収める~




横倒しになったまま起き上がれない象さんに駆け寄り、
「ぞおさぁ~~ん!」と悲痛な声を出しながら心配そうに象さんを見つめ、
痛んだ身体を擦ってあげる戸塚さん。ナイス小芝居(笑)




象さんの身体をポンポン叩きながらその健闘っぷりを称える郁人さん。
「ぞうさんよく頑張った!ぞうさん立てるかなぁ?」
教育テレビのお兄さん口調になってるふーちゃんに淡いトキメキ☆

...続きを読む
【2006/09/17 23:59】 | 舞台 | トラックバック(0) | コメント(0)
9月13日 滝リサイタル(前編)


【9/13(昼) One!~the history of Tacky~】


※フジガヤと戸塚さん中心の超個人的観察録・其の壱


※2階A列上手寄り


+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + +


◆バックステージ?◆


藤(薄紫ストライプシャツ+黒パンツ)


上手前方にて衣装を掛けたラックを押しながらお喋りしてる郁人さんとフジガヤ。
立ち止まり互いにあれこれ衣装を手に取って見立て合うような動作を。



どうでもいいが郁人さんが着てるショッキングピンクのロンTが目立つ目立つ。
フジガヤをお探しの方は郁人さんの衣装を目印にどうぞ(笑)



戸塚さんは帝王と仲良さげに話しながら、台車に乗せた箱を上手から下手に移動。



場面チェンジの為、上手から下手にハケるフジガヤ。
テッテケ小走りで下手袖に向かうも、対向して来る人とお見合い状態になり
思うように前へ進めず足止め食らって軽くジタバタ。
つくづく人との呼吸合わせが下手な子だわと…
そして走る姿は相変わらず早朝ランニングしてるおっさんのようだわと…(爆)



◆滝曲◆


藤(白ベスト+白ロングジャケ+白パンツ)


下手から颯爽と駆けて来てセンターでダンスするフジガヤ。
両手を腰にビシッと添えた体勢で登場し、
ターンを織り交ぜながら力強く踊る姿に目を奪われ身体がゾクゾク(震)



回転にキレがあって、だけど軸のブレない足元どっしり安定したターンは
キョン並みに精度が高く素敵で。
空いた手の処理の仕方にもちゃんと気を配っていて。



三ヶ月ぶりに目にしたフジガヤは私の予想を遥かに越える変身を遂げており、
ますます磨きの掛かった男っぷりに嬉しい悲鳴と言うよりやや戸惑い…。



~ジャニ振り返り映像と共に滝の幼少時代の写真がスクリーンに流れる~



◆仮面舞踏会◆


少年隊に扮する五河塚。
(金刺繍入りジャケ+白インナー+黒パンツ+オプション・目と鼻を覆う金の仮面)


◆パラダイス銀河◆


藤(デニムに見立てた青と水色の生地をつぎはぎした上下+ローラー。
  上着の丈短め+パンツの左足部分に緑&ピンク&黄色のペイントあり)


光Gに扮するキス2。


フジガヤは素肌にジャケ着用で肌蹴てる、と聞いていたので心の準備はしていたが
いざ蓋を開けて見たらば・・・ジャケットの前ピッチリ全閉め!
よしよし、お利口さん★(前髪撫で撫でしつつ)



◆硝子の少年◆


キンキに扮する帝王&ひかるちゃんのバックに塚五河滝。
(五河→斜めに切り替えの入った赤×紫のジャケ+黒パンツ
 塚滝→斜めに切り替えの入ったオレンジ×紫のジャケ+黒パンツ)


衣装のコーディネートの悪さにお口あんぐり固まったなんて内緒内緒。



◆キ・セ・キ◆


えび(襟がピンクの黒シャツ+白ジャケ+黒パンツ)


ようやくABC四人揃ってダンス!って心躍らせたけど考えたらそれも変な話(…)


ABCは途中からコーラス担当と言う事で、
当然の事ながら郁人さんのプチリサイタル開催♪
あそこまで感情豊かにコーラス出来る人はそうそう居ないと思う、うん(笑)



戸塚さんは手担的期待を裏切らない素敵な舞いを披露。
すっと真っ直ぐに伸びた腕の芸術的美しさや凛とした立ち姿に心酔。
キセキは戸塚さんが舞う為に存在する曲だと言っても過言ではない(大真面目)



この曲のバックには北横二千玉宮も付くが、フジガヤは参加せず。
ドラマ撮影が重なりリサイタルリハする時間は極少だっただろうから仕方ない…
とは思いつつも切なさは拭い切れず。しょぼーん。



◆バックステージ◆


自虐ネタに走るしもじーを尻目に、横尾さんに話し掛けてエヘエヘ笑ったり
二階堂に近付き肩に手を置いて何事かコソコソ耳打ちして二ヤける戸塚さん。
随分楽しそうだなぁ、おい(笑)



郁人さんは大胆に上着を肌蹴て両肩をベロンと丸出し。
こういう時の彼はセクシィ狙ってやってるわけでは無く、
単純に篭った熱を放出する為に肌蹴てるんだと思うから全然アリ。可愛いもんよ。



しもじーを茶化して笑うABCに向かって
「お前らだっていつか外されるかも知れないんだぞ。」と苦言を呈す滝。



◆滝曲◆


♪ユーアースペシャル~ユーアースタ~♪


◆バックステージ◆


えび(襟と肩に赤模様入り黒ベスト+サイドに黒模様入り赤パンツ)


滝曲の前のシーンからの続き。台詞はなんとなくのニュアンスで。


「悪いけど俺はデビューするから」と郁人さんがサラリと言ってのけると、
他の三人が口々に、「はぁ?じゃあ何、俺達お前のバックやんの?」と
酷く不服そうに意義を唱え出す(苦笑)



「じゃあ、俺達三人がデビューして五関くんが落ちちゃうとか?」
小悪魔ちゃんスマイルを浮かべ五関さんを指差しつつおチャラける塚ちゃん。
そしてそんな塚ちゃんの台詞を受けて
五関さんの視界には入らない後方位置で(-人-)チーンする戸塚さん




お 主 ら 後 で 絶 対 痛 い 目 に 合 う ぞ ★




~曲の打ち合わせの為、帝王とひかるちゃんがやって来る~


フォーメーション決めで軽くモメるABC。
郁人さんが一人でぺラペラ喋ってる最中、
五戸塚田の三人は後ろでそれぞれダンサーさんにジャケットを着させて貰う。



足を肩幅以上に開いて立ち、両腕を後ろに向けて思いっきり伸ばして
着させて貰う為の準備を整えて待機してる戸塚さん…もの凄く不自然な体勢(笑)



ダンサーさんがジャケットの袖を腕に通してくれると
徐々に背筋を伸ばし腕を手前に引いて姿勢を正していき、
ジャケット着用完了と共に腕を身体の前でクロスさせたかと思ったら
直ぐにバッと左右に腕を広げて満足気に二ヤリと口角を上げる戸塚さん。




・・・ひょっとして気分はご主人様ですか?(爆)




一通り喋った後、くるっと後ろを振り向いた郁人さん。
ビシッとスーツ姿で決めてフォーメーション作った五戸塚田の姿を見て、
「あれ?俺のジャケットは?」
頭の上に疑問符を浮かべてキョトーン固まる。
この時のちまっとしたふーちゃんの後ろ姿が最高に可愛いんだ!



◆郁人さんフューチャー曲◆


俺のジャケットプリーズプリーズ~♪
俺のが無い~~スリー・ツー・ワン~♪COUNT ON ME~♪
四人でひとつじゃないの~~♪
イジワルなんて~~♪



今月のWU誌で滝が言ってたABCの為に用意した曲ってもしやこれの事?



~曲中断~


「ABCは(五戸塚田)三人でいいじゃない。お前は独りでやれば?」と
突き放すように滝に言われ、オロオロする郁人さん。
そしてそのまま郁人さんをハブってキャッキャッとハシャぐ滝五戸塚田。
輪の中に入れずぽつーんと放置されてる可哀想な郁人さん。
まるで捨てられたわんこの様にお目目ウルウルさせて
寂しそうに切なそうに肩を落とすふーちゃんの姿が涙を誘います(笑←笑うんかい)


~曲再開~


下手からセンターに向かって戸塚田で燃焼系アクロ(人間扇風機コンビ技ver.)
合体したものの戸塚さんの身体が思いっきり斜めってるせいか、
横に回転出来ずに舞台前方に向かって不思議なカーブを描き出す人間扇風機。
実に奇妙な光景でした…。



バク転した後、背中側に捲れたジャケットの裾を手でバッサーと払って直す戸塚さん。
何故そんなにひとつひとつの動きがスローモーション?(笑)



息の合った四人でのダンスを見せた後、
拳をコツンと合わせて「イエ~イ♪」と笑い合う十九歳コンビに心がほっこり☆



「やっぱ俺みたいに大きく踊る人、必要でしょ?俺がいないとまとまんないでしょ?」
と五戸塚田にと言うより滝に向かって必死に訴え掛ける郁人さん(苦笑)



滝が郁人さんにジャケットを渡し、
【ABCは四人でなくちゃ!】的な流れに持って行って場面チェンジ。



◆バラード調の曲:帝王&ひかる◆


藤(黒インナー+若草色シャツ羽織り+黒パンツ)


北→横→藤の順でピンスポ浴びてソロダン後、コーラス担当。


フジガヤの舞いは指の先まで神経使っているように思え、優雅で丁寧。
ところがコーラス隊になると途端に陶酔しまくりで、宙を彷徨う手がグニャリと…。



自分に酔い知れると軟体癖が強くて出てしまう難点をいい加減改善して欲しいのだが。
って口が酸っぱくなるほどお姉さん言ってるんだけれどもー。
己の意識ひとつで抑制可能な癖だけに勿体ないんだけどなーなーなー!(喚)



◆オーディション◆


藤(黒インナーの上に身体にフィットする白T+薄いグレーパンツ)

戸(青基調のクシュっとした素材のチェックシャツ+濃いグレーパンツ)



~スクリーンに8J第一回オーディション当時の映像が流れる~



エントリーNo.38→ABC
時間差で連続アクロ決めてから横一列に並んでバク転して大の字ジャンプして
床にビターンっとして起き上がって四人揃ってダンスして決めポの流れ。



四人揃ってダンスの所で激しく振り抜けする戸塚さん。
…だがそのまましら~っと顔を背けて、
僕は何も間違ってませんよ~的な雰囲気を出して誤魔化そうとするも
近くに居た審査員役のダンサー姐さんにバッチリ笑われてしまい、
それに釣られて戸塚さんもくすりと苦笑い。
あんだけ派手に間違ってたらねぇ、そりゃ笑われるますって(苦笑)



びよ~んっと前に向かって飛び跳ねて来てラッパー気取りな藤北横。


「(なんたらかんたら)かまして見せろYo!Kis-My-Ft!」


ラップ詩の聞き取りずらさは相変わらずで★
人には向き不向きがあると言う事にそろそろ気付こうか(微笑)



それはそうと音声さん、彼等の声もう少しボリューム落としてくれません?
大音量すぎて心臓に悪い…。



で、フジガヤくん。
ついさっきまであれほど優雅に華麗に踊れていたのに
どうしてそんなに身体が重そうなんですかぁ?
全身に重しでも付けてるようなでっぷりと重量感あるその鈍い動きに
私の頭の中は疑問符でいっぱいになりました何故??



オーディションを終えて一喜一憂する面々。
滝が義弟の存在を周囲に打ち明けてる間、
何かと郁人さんにちょっかいを出すフジガヤと横尾さん。
郁人さんの細い肩をガシッと掴んで前後にガクガク揺らして遊んだり、
何事か耳打ちして郁人さんをキャハハと笑わせたり、とにかく構う構う構う。
好き放題されるがままで完全に藤横の玩具と化すふーちゃん。
私もあんな玩具が欲しい!(笑)



~郁人さん以外のメンバーはハケる~


「僕もこの8時だJオーディションの会場にいました(なんたらかんたら)
 憧れの滝沢くんが審査員をしていて(なんたらかんたら)
 滝沢くんが一人の少年を心配そうに見つめる姿が印象的でした。」


 郁人さんの台詞が前置きとなり、滝と義弟くんの交流話へと場面チェンジ。



◆バラード調の曲:滝◆


えび(スウェード素材っぽい光沢のある黒×金上下を素肌に着用)



五→河→戸→塚の順で登場しピンスポ浴びながらソロ舞い。



踊る度にチラリと覗く戸塚さんの胸元。
その透き通るような白い柔肌にクラリと眩暈が…。なんて罪深い人。



◆ダンス曲:帝王◆


藤(黒ジャケ+丈の長い黄T+ダボっとした黒パンツ)


セットの階段上部に腰掛けたまま横尾さんと一緒にコーラスしてたような。
「(優しさも消えゆくもの~)ナナナナ~♪」

...続きを読む
【2006/09/17 17:40】 | 舞台 | トラックバック(0) | コメント(0)
殻を破ってこのまま Ride on time


9月9日少クラ個人的感想をダダッと。



Producer:いのちゃん

テーマ:魂



◆プリマヴェラ◆


どのユニも歌声にパンチが利いてないからどこか物足りない気が…て言うか



狂ったように激しく腰振りまくる河合郁人が見れないプリマヴェラなんて
プリマヴェラじゃないやい!!(地団駄)



◆ミッドナイトシャッフル◆



ひとりで歌いやがってこんにゃろー。チッ!ってのがお姉さんの本音★



◆逃亡者◆


富井翔ちゃんに江上くんに宮舘くんと次世代曲芸少年達が次々アクロ登場♪
ピント合ってないしパフォーマンス途中でアングル切り替っちゃったけど、
ちょこっとでも一人ずつ抜いて貰えた事は喜ばしい♪




戸塚さんはこれまたオモシロイくらいになりきりケリーさんで…。




だけど微かに震える指先は作り物じゃない戸塚さんの真の姿だと思いたい。




◆孤独のRUNAWAY◆



特徴ある戸塚さんのターンがあまりに可憐で乙女で可愛すぎて無理。



戸塚さんがくるりんっと回ればパステルカラーのお花がふわりと舞うのです。



「ただ僕らは立ちつくした~」でピシッと気を付けの姿勢を取る宮舘くん。
胸を反らして手を腰の下辺りに当て姿勢を正す姿が可愛らしくてグゥ◎



◆うわさマン◆


スモックに短パンに白のハイソックスにデッキシューズにヘルメット。
戸塚さんったら園児コスが良くお似合いで★(笑)



うわさマンの背後にひょっこり現れる郁人さんがどうにも幼くちまっと愛らしく。
かと思えば、腕組みしてふむふむ頷いたり、下唇はむっと噛んで様子窺ったりと
細かいリアクションもだいぶキム様化してきましたな…
まぁ本人がキム様意識してる部分かなりあるから似てて当然っちゃ当然なんだけど。



それにしてもフミトツカの白々しい小芝居と晒しモノ感が堪んないね★



腕相撲は…手組んだ段階でもう既に勝負ついちゃってるように見受けるんだけど。
だってうわさマン、親指の付け根ガッツリ握られちゃってるんだもーん。
あれじゃあ勝てるものも勝てません(苦笑)



〆に入る郁人さんまる無視で
自分のペースで自由気侭に喋るうわさマンの奔放さは戸塚さんと通じるモノがあるね!
…ふーちゃんほんとご苦労さん!(苦笑)




◆Get down◆


ステージ前をバク転で横切った後、
定位置についてフリーで軽やかなターンを決めて
さり気なく上半身をクネらせる宮舘くんに走り出したいオーベイベー!(崩壊間近)



◆Gooood◆


戸塚さんの奇妙なテンションに付き合ってあげる塚ちゃんにメンバー愛を感じます。



藤戸唯一の絡みパート「迷わないように~」部分で
いつもの様にフジガヤに近付いてくれる気だったみたいだけど、戸塚さん残念~!
アナタが確認した左隣りに居るのは横尾さんですからー!
なんとなくの雰囲気が似てるからってフジガヤと横尾さんを間違えないで★



と言うか戸塚さん戸塚さん?
カメラに向かって突進した時にフジガヤ追い越しましたよねぇ?
その後、自分ポジ戻る際にもフジガヤとすれ違ってますよねぇ?
それからフジガヤが伸ばした腕の下から映り込もうと試みましたよねぇ?
にも関わらずフジガヤの位置を把握してなかったんですか?みたいな(爆)

【2006/09/10 23:59】 | メディア | トラックバック(0) | コメント(0)
ひざまずくように繰り返して love me do


9月2日少クラ個人的感想をダダッと。



Producer:B.A.D.&BOYS 

テーマ:約束



◆OPダンス◆


横向きになり不敵な笑みを浮かべて右肩をガツッと内側に入れて
動きにアクセント付ける郁人さんの攻撃性が好みすぎてオテアゲ。



豹柄マント付き衣装の良さを生かす気ゼロな某前髪ウザっこい人を見てると
首根っこ掴んで袖に放り投げてやりたい気分になるね★




場末のストリッパー芸はただダラシナク見えるだけだと何度言えば?(微笑)




◆言葉より大切なもの◆


塚ちゃんが抜かれた時の画面右下に注目~!



もったんアンタ首もげるって!(爆)



◆星屑のスパンコール◆


うわーお。なんて斬新な組み合わせ!(苦笑)
だけど桐中の濃さに対抗するなら藤北でしょーにー。



立ち位置チェンジですれ違う際、
アイコン取ってにやっとする桐山くんとフジガヤの密かな絡みがイイ!




で、フジガヤくん。天井に何か気になるモノでもありまして?




◆フィーバーとフューチャー◆


「フューチャーがいいね」で腕を斜め上に伸ばした時に顔が指先に向く宮舘くん。
顔を正面向けてる子が多い中、
すっと伸ばした指先見上げてるその姿勢が特徴あって可愛いんだな~♪



◆MC◆


「こんにちは~」で大智くんと頭ごっつんこしてイテテと前髪撫でてる子がカワイイ。



大智くんが手にした手紙を後ろからこっそり覗き見るように
首をこてっと傾けてる子がとんでもなくカワイイ。



手紙の内容に対して、「や~ねぇ~」「ねぇ~」と井戸端会議しちゃう
外見ホストな二人があらやだうっかりカワイイ。




中丸さんに「縦尾」と呼ばれて真顔で否定する横尾さんウケる(笑)




でもフジガヤを【たいちゃん】と呼ぶ縦尾さんなんてイヤ(爆)




外見ホストな二人が言い争そってる時、間に挟まれてると言うひーくん。



…こらこらフジガヤ。
仲裁役はキョンがしてたって事くらいみんなちゃんと分かってるから、
「お前はいっつも傍観してるだけじゃんか」って目でひーくん見ないの、めっ。



◆TRY AGAIN◆


「走り出したら いつもの風が~」
ここのフレーズ歌う時のフジガヤはほんと気持ち良さそうに伸び伸びしててご機嫌で♪
「風が~」で腕をクネらせる所が個人的にすっごくスキー。



サビでのスピンしながら反時計回りに移動する所、
ひーくんがへっぴり腰でおいしょって無様に一回転しかしてないのは問題だけど(…)
あのへなちょこ横尾さんがフジガヤがやるように
軸足の踵上げてスピンをし出したのは非常に良い傾向!どうかそのまま精進精進(念)




でフジガヤクン。天井に何か気になるものがありまして?(二度目)



◆少クラマニア◆


「イエ~イ!」と腕を上げる郁人さんの腕をガシッと掴んでは
無理矢理下げさせるフジガヤ。…はいそこ無駄にイチャつかない!



◆ジュニアにQ◆


読み手に優しくなるべく丁寧に慎重に一字一字書いた様なフジガヤの字。
文字にまで謙虚さと自信の無さが現れてるのは今に始まった事じゃないけど(苦笑)
以前に比べ、字と余白のバランスが少しは取れてる感じ。



【テレビはリビングにしか置かない】のは、
【家族がバラバラにならないように】と言うフジガヤ家の教育方針だって
前に雑誌で言ってたっけね。
その他にも門限があったり、銀行のカードを持たせなかったり…
フジガヤさん家って意外と管理体制厳しいんだよね。




てゆか、泊まりに来るならちゃんと疲れを取ってもらいたいじゃん!って
どうせ寝かさないくせにー何言ってんだかー(苦笑)




◆Taste me◆


正規の振りを熟すのに精一杯で
余裕なんてなくて頭の中でカウント取りながら踊ってる様に見えるフジガヤ。



滝を間に挟んで横北藤で横一列に並び、左右交互に向いて上半身クネらせる所、
個人判断で腰の動き入れてもおかしくない部分なのに、
上半身クネりだけで留まらせた点は褒めてあげようフジガヤナイス!(常に上目線)
色々と追い込まれてると余計な事に気が回らなくっていいねー★



間奏の後方階段からセンターに移動の際、
他メンがフリーで動いてる中、ただ普通に歩いて定位置に着くフジガヤからも
余裕の無さが窺えますな。んふふっ(含み笑い)





曲中フジガヤが勝手にアレンジしちゃったサビの手振りが
海中で蠢くイソギンチャクにしか見えないのが唯一の難点。




◆Venus◆




また一段と肉付き良くなってぷよんぷよん揺れるフジガヤの二の腕…_| ̄|○



いや肉付き良くなるのは別に構わないんだがだがだがしかし、
一向に引き締まる気配のない上腕筋はお姉さんの許容範囲外だと言っとるだろうに。
あれだけ脚筋発達するんだから筋肉付きづらい身体ではない筈なのに
どうして上半身はいつまで経ってもそんなにぷよったままなのでしょうか…。
塚田きんに君教えて!

【2006/09/10 23:59】 | メディア | トラックバック(0) | コメント(0)
追えば追うほどに 燃えてSpeed up


あれだけガッツリマイク持たせて歌わせておいて
kittyのキの字も出させない辺りが流石と言うかあざといと言うか…
まぁ煽るだけ煽っといて放置するのはあの事務所のお家芸みたいなものだけど。




バレー応援中に鍛えた目ヂカラの威力をここぞとばかりに発揮させる戸塚さん。
日頃から戸塚さんの沈黙したその目にヤラれそうだの
吸い込まれそうになるだの散々好き放題ほざいて参りましたが、が、が。




魔性的魅力に溢れ最早殺傷効果さえも持ち合わせていそうなその目には
戸惑いを感じるほど。




目は口ほどに物を言う。まさにその通り。




一方ギラメラ余裕綽々に見えて実はテンパって歌とダンスに追われてるひーくん。
世界はこの俺様中心に回ってる感を出してこそ北山宏光だと言うのに
なんて面白みに欠けるのだろうそんなんじゃツマラナイヨ!
とっとと本来居るべき場所に戻って蘇生してらっしゃい!(臀部蹴っ飛ばしつつ)




そんなこんなでMステ感想をダダッと。

...続きを読む
【2006/09/09 23:59】 | メディア | トラックバック(0) | コメント(1)
わざと焦らして 意外に無邪気で


あまりの萌え苦しさに窒息寸前に陥る木曜の宵よ、さらば!


という事で下北サンデーズが最終回を迎えました。
この夏だけはサトシンと共に★な勢いでドラマ鑑賞に励んだ身としては
お洒落メガネ男子がもう見れない淋しさもあるけど
危ぶまれていたDVD化も無事決定した事だし(12/22日発売ですよー)
ひとまず安堵。




一般ブレイクには至らなかったけれど
また新たな一歩を踏み出したフジガヤの頑張りをちゃんと見てくれて
評価してくれる人はきっといる筈。
サンデーズの現場で得た貴重な経験と出会いを大切にこれからも日々精進精進でね。




佐藤新ことサトシン役を演じたフジガヤくん、本当にお疲れ様でした☆




さて、滝リサイタルの幕が開いて数日が経ちましたが、
聞けばマジックを手伝うお客さんのエスコートをドンペリくんがしているそうで。



紳士的振舞いであわよくば新規さん獲得を目論んでいるであろう
同伴慣れしたドンペリくんよりも(…)
アクロバット孤独ボーイズクラブの面々がエスコートする姿が見たいんだけど!




目の前に若旦那が跪いて「お嬢さん、お手をどうぞ」と手を差し出してきたら
間違いなく「喜んで☆」と若旦那の手を掴みますが何か?(妄想は自由です)




爺よ、日替わりがダメならせめて週替わりでヨロシク。

【2006/09/08 11:00】 | 戯言 | トラックバック(0) | コメント(0)
タイムマシーン乗ってワクワク!


WGPバレー予選ラウンド終了~。
世界の強豪と謳われるチームとの対戦では
苦戦を強いられた柳本JAPANですが、まあそれはさておき…
決勝ラウンド進出おめでとうです♪
イタリアでは予選以上にチーム一丸となって実のある試合をして欲しいなと思います。



以下、ブラジル戦中継感想をドーン。



冒頭トークにて、
ブラジル戦の結果を待たずして柳本JAPAN決勝進出決定の朗報~♪



それを聞きパチパチと拍手をして両手をグッと力強く握ってガッツポーズ取る戸塚さん。
「やったぁ!」と動いた後に口角をキュッと上げて閉じられた形の良い唇と
真剣な眼差しが激しくそそります。




戸塚さんてばまた不意打ちフェロモン出してる!




フィーバーとフィーチャーの曲中、
郁人さん並みに余裕ぶった表情でカメラに熱い視線を送る戸塚さん。



狙い清ましたその鋭い眼光と
汗で額に貼り付いた一束の前髪から放たれる色香に魅せられてクラリ…(逝)




Fポーズにした手の芸術的素晴らしさは最早語るまでもなく。眼福満腹。




後奏でGYMだけが胸ボンッする所、昨日に引き続きまたしてもまたしても
戸塚さんが や り や が っ た・・・!
それもちゃっかりこっそりGYMT並びになって…!(笑)




その確信犯的したたかさが罠だと知りながらも騙されずにはイラレナイ。




戸塚さんこだわり【律儀にバルーンの文字見せ】が
とりあえずこれで見納めかと思うとちょっと寂しいわ(笑)



にしても…マウンテンダウンさんの隣りだと戸塚さんが窮屈そうなのは有明同様ね…。
岡山は客席間の幅が有明よりある感じだし、
マウンテンダウンさん以外の面が隣りだった前二日はゆったり座れてたのにねぇ。
…ってそれもこれもマウンテンダウンさんが椅子に深く腰掛けた挙句、
戸塚さんの方側に身体を寄せて微妙に斜めってるせい★



おかげで「フィーーバーしようぜ」の右腕振り上げも
戸塚さん遠慮がちに腕を上げてて不完全燃焼でひどく残念~凹




「選手の皆さんにほんとアリガトウと言いたいですね。
 試合を生で見て、最後まで諦めないでボールを追っ掛けていく姿には
 ほんとにパワーを貰いましたね。」



予め決められた文章をただ読み流すのではなく、
自分が感じた事を自分の言葉で伝える事が出来て良かったね、戸塚さん♪



「Fight!」と口をパクパクさせた戸塚さんの想いはきっと選手に届いてるよ!

【2006/09/04 00:00】 | メディア | トラックバック(0) | コメント(0)
イメージはいつでも雨のち晴れ


WGPバレーハイライトとイタリア戦中継感想をドーン。


【ハイライト】


順々にコメント言う所で女子アナにナチュラルに存在スルーされてしまい、
落胆する戸塚さん…。
明らかに動揺しつつもコメントを求められてるひかるちゃんにマイクを渡そうと
下の方でこそこそ動く手が切なく虚しく遣り切れない…(苦笑)



がしかし、そのマイクを受け取らずに地声で「いや、戸塚くんじゃないすか?」と
段取りミスったアナに指摘し、冷静な対応で返すひかるちゃん。
さすが頭の回転が速いブラックちゃんなだけある(笑)



仕切り直しで戸塚さんからコメント。
右肩を少し上げてなんとも複雑な表情で苦笑いしながら喋る戸塚さん。




すいません顔が引き攣ってるんですけど目が全く笑ってないんですけど…!(震)




ひかるちゃんコメントに拍手を送る戸塚さん。
前日の「オニタイジ(パチパチ)」同様、
人とはちょいズレたリアクション取ってようが手を叩く仕草が可愛いから無問題★



スタジオの渡辺カズからの呼び掛けに対し、
ちゃんと「戸塚くん!」と名前を呼ばれたのを確認してから喋り出す辺りがもう…
一度スルーされちゃったからちょっと不安になってる~?みたいな(苦笑)




「柳本監督も選手の皆さんも絶対に勝つと言っていたので、絶対に勝ちます!」




戸塚さん喋ってる最中に突然演技者スイッチONで
両手でギュッとマイク握ってカメラじっと見つめて訴えかけるような眼差しを…(笑)





「頑張れ、ニッポン!」でアニメチックなやんちゃっこポーズを決める戸塚さん。
左手がポケットの中じゃなく外に出てたら文句無しに可愛かったのになぁ。

...続きを読む
【2006/09/03 18:20】 | メディア | トラックバック(0) | コメント(0)
歓声が君を呼んでる 走れ!


WGPバレー岡山ラウンドが始まり、
柳本JAPANは初戦のドミニカに粘り勝ち~と言う事で♪



第5セット、豪快アタックを決めて吠える加奈ちんの姿に痺れました。
そうよそう。コートをドスドス走り回ってこそ加奈ちんだ。




以下、ハイライトとドミニカ戦中継感想をダダッと。



【ハイライト】


おっ。戸塚さんてば髪切って爽やか美少年度がまたグーンとアップ♪
襟足スッキリだけど不揃いだったから最初後ろ髪結ってるのかと思ったよ~。


ホルモンタンクもぷっくぷくで頬も少しふっくら感が戻ってきて。
うん、私好みじゃ好み★



今回は首と腕の装飾品(笑)は自前じゃないのかな?
ちょいハード系の黒バングルがなんだか新鮮(笑)



提供バックで腕をクルクル巻き巻きしながらおとぼけ顔してるのも可愛い~♪
ひかるちゃん越しに映り込む右目だけでもとてつもなく威力が!この確信犯!



ゴルマイが喋ってる時って戸塚さんの頬が緩む率高いよね。
マイクの方見てふにゃーっと笑う顔が子供みたいだ(笑)



マイクが思う桃太郎=「オニタイジ」発言にただ一人拍手を送る戸塚さん。
…感心してるの?(笑)
周囲と若干ズレた反応示してたって可愛いからオッケーなのさ★(結局それか)



戸塚さんが気になる選手は落合選手。
「ぜひガンガン、頑張って欲しいですね。」…実に男の子らしいコメントだ(笑)

...続きを読む
【2006/09/02 00:00】 | メディア | トラックバック(0) | コメント(0)
愛情 向かって左に欠乏 だから君が必要


うたばんで撃沈した気分を払拭しようと
いつも以上の萌え苦しさを求めてメガネ男子鑑賞に励んだのに
出番の半分以上が影武者さんだなんて…なんてこった_| ̄|○



この分じゃ滝舞台初日の前日に行われるサンデーズラスト公演でも
サトシンは途中で抜ける事になるのかな…。
エキストラ参加して自分の目で確かめたいけど、午後からじゃ無理だよ(ガックシ)




どうも最近自分が空回りしてる気がしてなりません。




そんなこんなでサンデーズ感想まとめてドーン(第六話第七話




サンボさんとジョーさんと座長と一緒にサトシンも裸の付き合いして欲しかった!



サンボさんとジョーさんと一緒にサトシンもお猿RAPして欲しかった!



と言うのが第八話の感想~。恐怖の萌え声は今回は無かったよよよよ…。



けど、双葉ちゃんとお手々繋いでせーのでジャ~ンプ☆するのに
自分から双葉ちゃんの手を掴もうとするもタイミングを外して手を空振らせて
結局双葉ちゃんにリードされる形になってるサトシンのダメダメ君っぷりは
最高にカワイイのだ!





以下、0:21:30~0:25:10間の映像だけで十分元は取れた
滝コンDVDの感想(とちょこっと懐古)をズダダダッと。

...続きを読む
【2006/09/01 10:00】 | メディア | トラックバック(0) | コメント(1)
Maybe Blue


カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

しほ

Author:しほ
某前髪ウザっこい彼と
その彼を囲む愉快な面々が
愛しくて仕方ない社会人
まったり更新中

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Blog Pet

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。