スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
開店休業と回転休業


前回エントリーを見た友人に「K誌の表紙はスルーかよ」と突っ込まれ気付く。
そういや見事に完全スルーでしたねテヘ☆(笑って誤魔化せると思うな)



戸塚さんすまぬ。遅ればせながら表紙deビューおめでとうでした。
夢見るジブリッ子の証を身に付けたまま$誌表紙を飾れるのは
貴方しかいないと思います(笑)





バレーのスポットCMもやっとこさ捕獲しまして。
とりあえず照明さんもっと光、ヒカリをー!そんな感じ?(なんじゃそりゃ)
Fを表す戸塚さんの指はやはり誰よりも美しく麗しいうっとり。





そしてマイエンジェル涼たんが
滝コンDVDにて華々しくジャケ写deビューとの事で♪
滝翼公式HPを覗いて見た所、アンダルシアな涼たん(と滝)が!



これ見た瞬間、
黒スーツに身を包み、黒帽子を斜めに被り、椅子に腰掛けて
指で唇をなぞる涼たんのいっちょまえな姿に寂しさを覚えた聖なる夜を思い出したよ…。




合魂の時は恥ずかしそうに覚束ない足取りで外周テッテケ小走りしてたのにね。
そっから半年ちょいでここまで上がってくるんだもんなぁ。
実力派でありながらその才能に奢る事なく努力し続けた結果なのは分かってるけどさ、
改めて感心。

スポンサーサイト
【2006/07/31 18:20】 | 戯言 | トラックバック(0) | コメント(0)
どうにも夢中なんだ


萌え満載のサンデーズを見ては寿命を縮める夏の日々です。
やっぱり今夏の私のハピネスはテレ朝鑑賞に励む事だったと確信。
それもこれも堤組に潜んでるフジガヤ担のおかげ★(勝手に決め付け)
愛で発言満載のサンデーズ感想は一番最後に。




【テレビ誌】

ガイドとジョン、写り的にはどっこいどっこいだったので
戸塚さんが横断幕に書いたコメントがバッチリなジョンをお買い上げ。



ナイスな試合を楽しみにしてます。
がんばってください。



郁人さんの口癖が戸塚さんに伝染してる(笑)
文字を書き殴ってないのも、ご丁寧に【。】まで書いちゃってるとこも◎
スティックバルーンの文字がちゃんと正面に見えるように手に持ってるのも
戸塚さんらしくて可愛い~♪
選手の皆さんを応援する役目を仰せ付かったんだもんね、そういう気配りは大事大事。



【WG特番】


CMメイキング、ほにゃらか笑顔でお目目ぱちくりしてる戸塚さんが幼くて可愛いのぅ。


勝手の分からない現場で探り探りだし、緊張してるしで
全メンかなりぎこちないけどまぁ最初はこんなもんよね。


戸塚さんは終始お行儀良く手を前で組んでお清まし顔。
緊張のせいもあるんだろうけど、なんとなくKityのtを演じてるように見えなくもない。
ほら戸塚さん演技派だからー。


注目選手についてのコメントは本通りなのかほんとに自分の意見なのかハテナ?だけど
サッカーにおいても当たり負けしないパワフル系選手が好みな戸塚さんだから
実際バレーを間近に見て惹き付けられるのはやっぱガッツラゴーな加奈ちんだろうが。


戸塚さんに注目選手として名前を挙げられテレ笑いしてた加奈ちんはジャニっ子贔屓なので
きっともう彼女の中では戸塚さん別格で特別視されてる筈☆そのうち写メ頼まれるよ~(笑)
報道のあいたんがそうだったように戸塚さんも加奈ちん専属になっておしまい。
短期限定のアバンチュールを楽しんでらっしゃいな★(笑)


他の姐さん達も意外とミーハー心あってフランクに接してくれる筈だし、
素子ママもフレンドリーなヲタだから(笑)大丈夫として…
問題は中田の姐さんに対しての礼儀だな。(それ最重要)
とにかく挨拶は大きな声できっちりしっかりハキハキと!が基本だからね。
ビビって端の方で小さくなって固まってちゃダメよー。




それにしても決めポの手。
戸塚さんの綺麗に揃えられた指の美しさは最早芸術アートだ。




【K誌】

◆フジガヤ◆



サンデーズ撮影中に生誕祭して貰ったですってえぇぇっ!!



HAPPYBIRTHDAYの曲が流れても自分だと思わず、上戸嬢から花束を渡され、
でっかいケーキを前にしてようやく自分が祝われてる事に気付いたという
鈍いあの子は容易く想像出来るわ(笑)


思いがけぬサプライズに「え?え?」ってキョトーンとしちゃって。
状況把握してからは口三角にしてにぱーっと笑いっぱなしで
「あざーっす!」て彼方此方に向けてぺコペコするフジガヤの図…
ってダメだ想像しただけで萌える可愛すぎるうぅぅぅ!(行き着く所は結局)



監督様、どうかその模様は下北DVDの特典映像で是非。(切望)



んーでもフジガヤクン、アナタにとって本当に【一番思い出に残る夏の出来事】は
教祖様にギュッと熱く抱擁されたあの時なんでしょ?



◆ABC◆

我が物顔で若旦那の肩に腕を乗せる郁人さんが素敵すぎる。
妙に勝ち誇った表情は某Fクンに向けてに違いない。


つか郁人さんがサーフィンに憧れるのはキム様の影響以外の何物でもないわけで。
海から上がった時に髪の毛バッと掻き上げたいのはキム様に憧れてるが故の願望だよね★


戸塚さんの体重の増減にはそれ程関心がないんだけど…
だって太るって言ったって、ぷっくりぷにぷにほっぺになるくらいで
アクロやダンスに差し支える様な事態にはならないだろうから。
それよか戸塚さんの場合、お腹弱いから
アイス食べると太るって事より、お腹冷やすって事の方が心配なんだけど。
…結局そういう意味でもやっぱアイスは程々にって事か(苦笑)



真夜中の公園でギター弾きたいだなんて
戸塚さんてば音量加減せずにギターかき鳴したい欲求に駆られているようで。
てゆか外で弾きたいって事はエレキじゃなくてアコギって事だよねぇ…。
戸塚さんアコギ弾けたの?(素朴な疑問)



【M誌】

◆フジガヤ◆


目で殺すカリスマホストというキャッチコピーは
フジガヤより郁人さんの方がしっくりくるんですけど~。
だって郁人さんのあの眼力は半端ない!
あの眼だけで相手を孕ますぐらいの威力があるかと(…)


フジガヤにはカリスマ的な近付き難いオーラも無いし、
ってか親しみ易さがフジガヤの売りでもあると思うしー。



まぁ私服はリアルに出勤前のホストみたいだけどさ(爆)



どうせコスするならひーくんみたいに和装が良かったのに!和装!!
それも演舞城で着てた黄色着物とグレー袴(@男の花道)もしくは
裏地が薄紫で白模様入り黒着物オプション首に赤布巻き(@キツネコンコン)が良かった!
(ってそれ完全に個人的趣味)




堤監督曰く、サトシンは【キャップ&メガネのオタッキー系に見えて実はイケメン】だそうで。





イ ケ メ ン て 。





さすが監督、上手い事あの子を煽てて心理操作してらっしゃる!(笑)


...続きを読む
【2006/07/28 23:59】 | メディア | トラックバック(0) | コメント(1)
それもまた 僕にとって 真実


サトシンのあまりの可愛さに萌え尽きて灰になってしまいそうです。
ここまで私的ツボどんぴしゃだと
堤組の中に私と同じ感性を持ったフジガヤ担がいるとしか思えないんですけどー。
そんなこんなで下北サンデーズ感想をダダッと→第一話第二話





塚ちゃんver.



遅ればせながらPZ18日昼夜両公演を観劇して来ました。
個人的観察録は後ほど上げるとして、その前にひとつ…






今年のPZは戸塚さんから始まる、と聞いていたのに
実際昼公演が始まり目の前に勢い良くピョコンと飛び出して来たのは塚ちゃんで。





「・・・・・・・・」





前日のクラ公録にて、
戸塚さんがバレー応援の為の新ユニメンバーとして活動していた事も
この日バレーの会見があり、そこで新ユニお披露目されるというのも知っていたけど。
だからもしかしたらもしかすると戸塚さんは【t】の任務遂行の為、
聖地には居ないかもって最悪の事態も想定して
まぁ予定は未定がバック担の運命だから何があろうと怯むんでないぞと
気落ちするでないぞと自分に言い聞かせながら魅惑の聖地に足を運んだけども。



やっぱり私の頭と心はそんなに聞き分け良くなくて事実を受け止めきれず…
いやでも待てよ冷静になれよと。前日はクラ公録であると同時に休演日じゃないかと。
ほらだから演出がちょこっと変わったのかも知れないじゃないかと。
そうやって自分にとって都合の良い方へと思考を切り替え現実逃避すらし出して
さあ戸塚さん勿体ぶらずに出てらっしゃい!と舞台の彼方此方を凝視する始末。
だがしかし、待てども待てども一向に姿を見せないABCの戸塚祥太。








分かってる分かってるってば爺がそんなに甘くないって事は。








だけど、舞台上にポツンと独り分空いたスペースがただ切なくて
今年のPZ初観劇なのにそんな事で戸塚さんの立ち位置を知りたくないよって
悲しみに打ち拉がれそうになり…。
でもだからと言ってそこから目を背けるのは舞台上の出演者の方達に失礼なわけで。
郁人さんや五関さんや塚ちゃんの懸命さを前に、
こんな気持ちじゃいけないと思い直してギリの所で昼公演を乗り切って。





そして夜公演が始まるまでの間、Mちゃん(@若旦那ラバー)とお茶しながら
塚ちゃんから始まるPZをひたすらイメトレして自己防衛に走る私…。










夜公演の幕が開き、下手袖から駆けて出て来た戸塚さんの姿を見た時、
言葉にし難い感情を覚えたのは言うまでもなく。





戸塚さんver.


郁人さんver.


五関さんのだけ撮り忘れただなんてそんな…!(汗)


...続きを読む
【2006/07/23 11:59】 | 舞台 | トラックバック(0) | コメント(0)
7/20 下北サンデーズ(第二話)


※超個人的サトシン感想。


【稽古】

・座長やあっこさんの話を聞く時のサトシンは基本体育座り。
 ちんまりしゃがんで膝抱えてる後ろ姿が可愛くてどうしようもないのは勿論、
 丸みのある肩のラインとゴツッと男そのものな背骨のアンバランスさが魅力的だ。
 ああもういっそ攫ってしまいたい。(素)


・あっこさんご指名によりサトシンがミニチュア模型を使って
 新人ゆいかちゃんに【小劇場すごろく※劇場階級】を説明。初めての長台詞キター!!


 「下北沢には五つの劇場がありまして…私達のタイプのような超弱小劇団はまずここから。
 (模型を指差しながら)一番小さい…こないだゆいかちゃんが来てくれたOFFOFFシアター。
 で、次は同じビルの隣にある駅前劇場。(模型指差し&ゆいかちゃんに視線寄越し)
 で、もう一段昇格すると、ザ・スズナリに進めて
 上がりが小劇場界の頂点!憧れの本多劇場となります☆」


 そう言ってニコニコしながら手に持ったスイッチをピコピコ押し、
 本多劇場のテッペンに付いてる豆電球四つをチカチカ点灯させる独り遊び上手なサトシン。



 ねぇ佐藤くんってゆかフジガヤクン、アナタ素で楽しんでるでしょ?(笑)



【栄光へのジョギング】

・「梅ヶ丘、豪徳寺、土曜の次はサンデーズ。」と掛け声出しながら
 下北の街中をジョギングする団員達。
 脇を締めて腕を小振りして走るサトシンの姿はまんまJ世界のフジガヤだ(笑)


【ちくわ木産にて、ゆいかちゃん入団歓迎会】

・パッと見、メロンソーダー的色合いのサトシンスペシャルの正体は
 いつか明らかにされるのだろうか…。密かに気になって仕方ありません。


・料理に勝手にパクチー大量添えさせるタイ人店員プイさんに詰め寄りながら
 「ノーパクチー!」と言って口尖らせツーンとした顔するサトシンが幼稚で可愛い。


・他劇団の芝居も見ずにサンデーズ入団を決めたゆいかちゃんの決意確認をする劇団員達。


 「ん゛ん゛~ん…なんか選ばれた気がしないなぁ~」
 唇の左端をキュッと上げ意地悪気にそう言うサトシン。


 酔っ払ってるわけじゃないのに日本語に表しずらい声を出さないで下さい驚くじゃん!


【稽古】

・座長に指導される他劇団員の動きを見ながらストレッチしてる所や、
 自分が指示を受ける側になり、動きを確認しながら殺陣もどきしているサトシンの姿って
 どこかJ世界のフジガヤの姿に通じるモノがあり、
 色々垣間見れてる気がして嬉しい楽しい~♪(想像力は無限です)


【新人ゆいかちゃんをクドく野獣共】

・稽古帰りにゆいかちゃんを呼び止め、 
 「はい。」と言って手にしたメガネケースをゆいかちゃんに差し出すサトシン。
 (斜め掛けしたバックに斜め被りしたキャップに半袖シャツに半パン姿)




 緊張と恥じらいとで肩を縮こめてちょこんと棒立ち状態のサトシン。





 だーかーらー何度も言うようですけどー





 私がどれだけちんまりちょこんとしたあの子が好物だか知ってます?





 例え、小さな花モチーフ付きピンクラメケースの中に
 サトシン仕様モデル赤フレームメガネが入っていてキ○さ120%だろうと
 可愛いもんは可愛いのだ!





 で、その甘い声はどっから・・・( 絶 句 )





【稽古】

・真剣な表情で黙々と新しい台本に目を通すサトシンの姿もJ世界のフジガヤに重なるな~。


【舞台初日】

・侍を演じる際の刀捌きや構えが自然なのは演舞城の賜物ですな(笑)



 てゆか白衣着たフジガヤって如何わしくない?



【ちくわ木産にて初日打ち上げ】

・サトシンがゆいかちゃんに渡した赤メガネをキャンディーさんがナチュラルに装着(笑)
 その事実に気付き、まじまじとキャンディーさんを見つめるサトシン。


 堪らず会話の最中に、
 サ「てかキャンディーさんそのメガネ」
 キャ「うっさい!」サトシンの声に被せるように一喝するキャンディーさん。
 一喝されシュンと頭を下げしょんぼりするサトシン。…か、か、か、かわいい!


 がしかし諦め切れず再度身を乗り出しつつ、
 サ「キャンディーさんメガネエェ…」
 キャ「うっさい!」またも一喝され、サトシン撃沈。…更にかわいい!!


 吐息混じりの語尾が女々しさと悲愴感を上手く表現してるし、
 キャンディーさんとの間合いも合っててナイスナイス!



【まとめ】

 初回より細かい表情の変化もほんの少ーしずつだけど見せられるようになってきたし、
 台詞も聞き取り易くなったかなぁと…えぇ贔屓目上等で言わせて頂きます。

 
 そうそう。私が見た限り、二話はサトシンの影武者さん登場せずでしたー。

【2006/07/20 23:59】 | メディア | トラックバック(0) | コメント(0)
胸が騒ぐまま 世界中に誇るよ



あまりの萌え苦しさに窒息寸前だった13日の木曜日。



嗚呼ようやく時代がフジガヤに追い付いて来たわ!(正気)



フジガヤが下北サンデーズに出演するにあたり、関わった全ての方に感謝感激雨嵐!
出来る事なら菓子折り持ってお礼に行きたいくらいだよ(迷惑です)



個性豊かな共演者の中に埋もれる事も無く、浮く事も無く。
ごく自然に溶け込んでる気がしたんだけどそれはやっぱり欲目だろうか…。
まぁこの際欲目でも何でもいいや。



お姉さん今少し病んでるからついつい過保護になって余計な心配をしがちなんだけど
でも思っていた以上にフジガヤがリラックスして撮影に臨めている様なので安心したよー。
現場の雰囲気は画面を通して伝わってくるものよね。



笑いに対して臆病になってる今のフジガヤには、
サンデーズの稽古は考えを改める良い機会(リハビリ)になりそうだ。
お芝居に関するノウハウは勿論、リアクション芸も身に付けて帰っておいで~♪(笑)
無駄に長くなりそうなサトシン感想は後日改めて。





◆PZサントラ・着うた◆



38秒間ひたすら「ラ~ラ~ラララ~ララ~ラララ~」



まだPZ観劇してないから原曲がどんなモンなのか把握出来てないんだけど
まさかABCやMADはインスト曲のコーラス担当なわけじゃないよねぇ?



てゆかスクラッチされてるのは誰の声?悩ましげな吐息の正体はー?!




◆PZ@WS◆


戸塚さんがまた仄かに昭和の匂いが漂う髪型になってる…。


隊様の肌着ダンス(←失礼)バックで、
白ノースリをパンツINしてる五関さんと郁人さんが昭和のロッカーみたいだなんてそんな。





◆日比谷 de リサイタル◆◆


六月始め頃だったか、もしかしたら滝が秋に舞台かも…なんて話を耳にしたのは。
それで即行劇場HPを見たら、九月のスケ欄に「詳細お問い合わせ先 松竹」と表記されてて
こりゃ十中八九間違いねぇなと覚悟を決め。だから想定内っちゃー想定内なんだけど、
個人的に九月は無理なんだよねぇ家族が増えるから無理なんだよねぇ
時間も先立つものも全く余裕無さそうなんだよねええぇぇ……(遠い目)



と散々嘆いておきながらスケジュール調整に奔走してるのは言わずもがな★



それにしても人より若干濃ゆい人生を歩んでいるとはいえ、
まだ四半世紀も生きてない滝が早々半生振り返りとは何事?
単にお爺ちゃんが滝との歩みを振り返って浸りたいだけなんじゃ…(苦笑)




で、滝を語る上で最も必要不可欠な今井氏の存在はどうなるの?



【2006/07/16 22:20】 | 戯言 | トラックバック(0) | コメント(1)
7/13 下北サンデーズ(第一話)


※超個人的サトシン感想。


【稽古】

・サトシン的ファーストショットは
 他劇団員が取るアクションを見ながらケラケラ指差ししてるトコ。
 画面から微妙に見切れてるフジガヤって新鮮だわ~(笑)


・出された御題(例:お漏らし寸前etc.)に合ったアクションを取る際、
 まだ自分を捨て切れずにカワイコちゃんぶってるサトシンの初々しさにデレっと雪崩。


・感情開放(喜怒哀楽を顔で表す)をした後、ほっぺたブ二ブニしながら
 顔筋マッサージしてるブサ○クなサトシンすら可愛く見える自分の網膜は無事じゃない。


・サトシン初台詞
 「またですかぁ?もうすぐ本番なのに…てかその飲み物何ですか?」


 共演者の方達のように腹から声を出す事がまだ出来てないので
 少し台詞が聞き取りずらかったり、喋るテンポと間の取り方が些か微妙な気がするが
 まぁ先は長いので温かい目で見守ってあげるとしましょう(常に上目線)
 まだまだこれからこれからー!


【舞台本番】

・劇中劇【鏡の中のカルメン】はコス満載!ビバ☆堤組!


・千恵美姐さん(佐田嬢)演じるカルメン様の傍らに跪く勇者?役のサトシン。
 赤帽子+騎士調赤ジャケ+赤短パンというチープな衣装が幼い愛らしさを強調してグゥ。


・白の全身タイツに黒布ほっかむり姿のサトシンの胡散臭さもナイスだが、
 どうせなら全身タイツで頭の上に天使の輪っか付けて、春よ、来い♪をバックに
 ジョーさんやサンボさんと一緒に舞台上で華麗に舞うサトシンが見たかった…残念。


【終演後】

・座長さんからお褒めの言葉を貰い、
 両手をギュッと握ってガッツポーズ取りながら「やったー!」と喜ぶサトシン。
 嬉しいと口が三角になるのは演技では無く、
 私が知ってるJ世界のフジガヤそのまんま。素で喜びよってーこの可愛いヤツめ(結局な)


・千恵美姐さんに倣ってサトシンも電気釜にお礼を。
 姿勢正してから頭ペコペコしてるだけでも十分すぎるほどに可愛いのに(正気)
 臀部に手をピタッとくっ付けてお辞儀だなんて無 理 す ぎ る 悶 絶 苦 !


【回想~稽古~】

・チケ代滞納してる面子を前に暴徒化したあっこさん(山口嬢)の姿に、
 サトシンはビクッと怯えて首を竦めながらちんまりちょこーんと棒立ち。


 
 私がどれだけちんまりちょこーんとしたあの子に弱いか知ってます?

 

 この姿だけで間違いなく白飯三杯はイケる。



【入学式ジャック】

・大学に忍び込むサンデーズの面々。
 マイペースなジョーさんの腕を掴んで、よいしょよいしょと引っ張るサトシン。



 ジョーさんとサトシンの身長差に激しく萌えるのは自分だけだろうか。



・「お洒落メガネ男子としては耐え難い屈辱でしたよぉ。

 そう言ってサトシンはメガネのフレームに手を掛けながら
 眉間に皺を寄せて不服そうに口尖らせムッとした表情を。
 あの子なりに考えてちゃんと演技してるのが見て取れます。



 ところで、サトシンの口調が若干甘めでアフォの子っぽいのは監督指導ですよね?



【ちくわ木産にて飲み会】

・「お疲れさーでーすっ。」と団員&ゆいかちゃん(上戸嬢)に向かって、
 どもどもな感じで頭をペコペコ下げるサトシンもまたそのまんまJ世界のフジガヤ(笑)


・恐れ多くも画面上にゆいかちゃんとサトシンだけ・・・ひぃぃぃ!(驚)
 肩が触れる程の距離でゆいかちゃん凝視のサトシン。



 その視線だけでも十分ストーカー法が適用されるんじゃ…(爆)



【回想~バイト~】

・ビンボー劇団員の為、サトシンは漫喫でバイト中。
 サトシンが身に付けた黄色いエプロンに




 漫画の鬼畜って。




 根っからのM気質である子が鬼畜って!( 絶 句 )




【飲み会】

・サトシン「お腹ペコペコですよぉ~。」
 超超超かわいこちゃんぶってる猫被ってるるる・・・!!(息切れ)


・料理に大量盛り付けされたパクチーを見て固まる劇団員達。
 テーブルの上に置いた両手をグーにしたまま
 パクチー混入犯であるタイ人店員プイさんを睨みながらぶーたれるサトシン。



 な ん だ そ の ニ ャ ン 手 は ? ! (呼吸困難)



・で、【サトシンSPECIAL】と名付けられた薄緑色の液体の正体は一体何ぞや?






【番外編】

 『愛の力で見破ろう!
 第一回・サトシンの影武者さんを探せ!
ドンドンドンぱふぱふ~♪』


・ジョーさん・サンボさん・サトシンが営業時間外に眠眠亭に訪れて
 「締めのラーメン・・・締めのラーメン・・・」と
 まるで何かに取り憑かれた様に呟きながらドアににじり寄るシーンで、
 後ろからのアングルに切り替った所からはフジガヤが演じるサトシンでは無く、
 影武者さん演じるサトシンだと思われる。


 横顔の平べったさと発達してない足筋を見れば一目瞭然。
 こんぐらいラクショーで見破れるぜ!


 って自信満々に言った所で答え合わせのしようがないんだけども…。
 単なる私の思い込みだったらゴメンナサーイ(苦笑)

【2006/07/13 23:59】 | メディア | トラックバック(0) | コメント(0)
ちょうどいい Love Sick


祝☆ソロデビュー!光ちゃんおめでとう!


独自の世界観を持ちながらも押付けがましくない光ちゃんの楽曲ファンとしては
光ちゃんの素敵な作品が世に広まって行く事が非常に嬉しいです。


キンキ担時代は、
光ちゃんの基本に忠実過ぎるダンスに物足りなさを感じる事もあったけど(主観)



だってほら当時は誰かさんのダンスセンスがズバ抜けてたから…遠い目



でもビロード辺りからかな、
光ちゃんの踊り方が良い意味で崩れてきて、女性的な柔らかさやしなやかさを醸し出していて
踊りを通しての表現力に更に磨きが掛かった様に感じて。



もうそこからは底なし沼へと堕ちていくのみ。



Deep in your heartのメイキングで
泥濘に足をとられたダンサーさんが倒れない様に
とっさに手を差し出した光ちゃんの背中の格好良さは見ないと損ですよー。








さ、いよいよ明日から下北サンデーズが放送開始です。


テレビ誌等Checkした所、フジガヤ演じる【佐藤 新 ※通称:サトシン】は
時代や自分の立場を読み切れず、どこかズレているが、憎めない若手劇団員だそうで(笑)
これをきっかけにまた新たな一歩を踏み出すフジガヤにとって
【新】と言う名前はピッタリマッチしてるなぁ~と思いつつ、
番宣にて何度スポット&一話予告を目にしても「な、な、慣れない…」って
画面右にメガネ男子がドーンと映る度に慄いてるのはここだけの話(苦笑)



劇団員行きつけの居酒屋さんには、ほぼキノコ料理しか置いて無いらしく、
メニューは椎茸の天麩羅、椎茸の刺身、椎茸柳川、椎茸の椎茸詰めetc.


それを知った時は
去年キノコ克服しといて良かったねえぇぇフジガヤァァ!と心底思った次第であります。


あと全身タイツ+覆面姿でも容易く見分けが付いた自分の愛のチカラにビックリ★







下北~の撮影に参加された方のブログを拝見した所、
どうやらフジガヤは大学の試験の為に撮影を抜ける事があるようで…
フジガヤが抜けた後は影武者さんがサトシンを演じてくれているそうです。


撮影に全力投球出来ないのは本人にとっても不本意だろうけど、致し方ないよね。
他の出演者の方々が少しでもフジガヤに理解を示してくれているといいのだけど。





以下、前半誌感想をズダダッと。


...続きを読む
【2006/07/12 23:59】 | メディア | トラックバック(0) | コメント(0)
light&shade



伊代表、W杯優勝おめでとう!ついでに戸塚さんにもおめでとう!



優勝の喜びに酔い痴れる伊選手の中で突如ゲームパンツ脱いで
アンダーパンツ姿で芝にダイブしたガッちゃん(ガットゥーゾ)の姿は忘れないよ!(爆)



てなわけで、
今朝もまた某T塚宅周辺には歓喜の雄叫びが響き渡ったのでしょうか?(笑)
24年ぶりのW杯優勝だから戸塚さんにとっては
ファイナリストな伊代表をリアルタイムで視聴するのは初めてって事だね。
しばらくは戸塚さんご機嫌さんなんだろうなぁ~♪


試合開始早々ジダンのPKが決まった瞬間、
こりゃ荒れるな…と思ったけど、まさかジダンが一発退場を食らうとは…。
ジダンに執拗にくっ付いてたマテラッツィが屈辱的な暴言を吐いたのは間違いないけれど 
だからって頭突きで報復は頂けないよと個人的に。


ジダン暴走のきっかけを作った(であろう)マテラッツィにも今後処罰が加えられる様だけど
サッカー界の至宝である選手がこんな形で現役生活を終えるだなんて本当に残念。



三位決定戦の方は見事独が勝利を手にしまして♪
二得点決めたシュバインシュタイガーの男前っぷりに思わず惚れそうになりました。
イケると思った時に果敢にドリブルで中へと切り込んで行く姿勢が素敵すぎ!
若いんだもん強引に狙っていかなくっちゃねー!



蹴球好き歴十数年の自分が熱を上げた選手のほとんどが
今大会限りでの代表引退を表明している寂しさと
八百長疑惑で大揺れの伊サッカー界の行く末と
制裁を受けるチームに属する選手達の動向が気になる所ですが、ひとまずそれは置いといて。
一ヶ月、いや、四年間に渡り様々な感動と興奮を有り難う、WORLD CUP!!




さ~そして忘れてならぬ、PZ初日おめでとうございまーす。
出演者の皆さんが大きな怪我や病気などせずに無事千秋楽を迎えられるよう、
関東の片隅で祈ってます(-人-)


初日レポを彼方此方で漁ってみた所、何やら賛否両論ある出来栄えのようですが、
創作ダンスやバレエといった今までググッと踏み込んだ事のないジャンルの踊りを
ABCやMADのメンバーが見せてくれるようなのでそれを楽しみに
私的初日(来週)を迎えられたらな、と…。

【2006/07/10 18:00】 | 戯言 | トラックバック(0) | コメント(0)
腐敗のムードをかわして明日を奪うんだ


自宅療養中の身とは言え、何かと雑務に追われ忙しない日々を過ごしているので
J友とは夏予定だなんだと頻繁に連絡を取り合っているものの、
一般友には先月からロクに連絡も入れず音信不通ぶっこいたままいたのですが
やっとこさ時間が空いたので久しぶりに一般友数人に連絡してみた所、


「全然連絡取れないからドイツにでも行ってんのかと思ったよ~」


と言われました。・・・んなアホな!(笑)


J世界にどっぷりでっぷりでそこに属する子等から愛と夢を頂戴する為に
次から次へと諭吉さんを羽ばたかせてる今の私の何処にそんな余裕があると思って?


それに未だドーハとジョホールバルに捕らわれたままの蹴球魂を持つ女ですからー。
蹴球狂はとっくに脱して、今は極極一般レベルでの蹴球好きだっつーの。


とは言えやはりW杯というモノには血が騒いでしまうわけで。


【独 対 伊】が行われた日の早朝…
某似非伊少年宅周辺に勝利の雄叫びが響き渡っていた頃、
我が家は贔屓国敗退という辛い現実に打ち拉がれていましたトホホ(涙)


カンナバーロ、ガッちゃん(@ガットゥーゾ)デルっち(@デルピエロ)インザーギと
伊代表には日頃個人的に応援してる選手がわんさかいるんだけど
でも今大会はバラックに肩入れしてたから
優勝は地元独で!得点王はクローゼで決まり!って信じて疑わなかったんだもん!
クローゼ贔屓の母(@亀梨狂)も朝っぱらからグッタリだったよ…。


はあ~あ~。
ポドルスキーのヘディングが決まってたらなぁ。
一気に流れを呼び寄せられたのになあぁぁ(何を言っても後の祭り)
子供の様にはしゃぎまくって勝利に浮かれるクリンスマンさんの姿が見たかったよ…。
イエロー累積でバラックは出場出来ないけど
どうか3位決定戦では独が勝利を手にしてくれますように、に!!(-人-)



+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +



◆雑記帳@PZ TIMES◆


試合残り時間15分、スコアは0-0
デルッチと交代でピッチに入る戸塚祥太もとい、TOTTU。


…すいません、
サッカー中継風に自分で前フリしちゃってる時点でもう既に可愛くて仕方ないんですけどー。


そうそう、戸塚さん。
トッティに憧れるのは良いけども【おしゃぶりちゅっちゅポーズ】は真似っこしちゃだめよ。
あれはベイビーに当てたメッセージの他にお下品な意味もあるんだからねー。


私的イメージの戸塚さんはFWというより攻撃的MF(右サイド)なんだけどな。
ライン際の競り合いに強くて、サイド駆け上がって好機演出するんだけど
調子乗ると攻め上がりっぱで戻りが遅いから、
相手にそこを突かれてカウンターのピンチを招いたり(…)


天性のゴールゲッターじゃないんだけどハンターとしての嗅覚が優れてるから
「ちょ、なんでアンタそんなとこに~?!」的な誰もが予想だにしないポジション取りして
完全フリーでパス貰ってシュート放つも、ボールは大きく枠を外して明後日の方へとか(…)


そうやって何かと空振ってばかりで味方にも「あっちゃー」って頭抱えられちゃう事も多くて
後でチームメイトにこてんぱにされるんだけど(モチロン愛のムチ★)
とにかくガムシャラにひた向きにボールを追いまくって
ライン越えすると分かってるボールでも最後まで追っていって
いつも精一杯なファイターだから結局憎めなくてマスコットみたいな愛すべき存在で。
ってどんどん意味分からんちんになってる上に必死にフォローしてないかい、自分。





それよか話が脱線しすぎです。…元に戻そう。





ハセを【純君】呼びする戸塚さんは、
にのが松本様を潤くん呼びするのと同じくらい、いやそれ以上の萌えを齎します。



戸塚メールにおける改行の入れ方は、はむたんの愛戦士をお手本にしてるに1000ケリー☆
郁人さんの人生のバイブルが開放区なら戸塚さんの愛読書はぼくの靴音か。


...続きを読む
【2006/07/07 23:59】 | 戯言 | トラックバック(0) | コメント(0)
幸せは何時も死角狙ってる



気付かないの もう時代は変わって 【Kitty GYM】







・・・・・・







・・・・・・・・・







お爺ちゃんがユニットクラッシャーなのも
大人の事情は複雑怪奇なのも今に始まった事じゃないけど
オリ曲貰えたからってユニ安泰だなんてお目出度い考えはこれっぽっちも持ってないけど
マウンテンダウンさんに追い風吹いてる今蘇生計画続行するのは当然だけど
結局は気紛れお爺ちゃんのみぞ知る一寸先は闇のような世界だと百も承知だけどさ!










K i t t y って・・・





リサイクル好きにも程があるよお爺ちゃん・・・・・・_| ̄|○









私の今夏最良の過ごし方は自宅で大人しくテレ朝鑑賞に励む事に思えてきました。










以下、ガラリと話題をチェンジして裸少感想~。

...続きを読む
【2006/07/01 00:00】 | メディア | トラックバック(0) | コメント(1)
Maybe Blue


カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

しほ

Author:しほ
某前髪ウザっこい彼と
その彼を囲む愉快な面々が
愛しくて仕方ない社会人
まったり更新中

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Blog Pet

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。